北海道ツーリング顛末記

2011年2月 6日 (日)

北海道ツーリング顛末記(家に帰るまでがツーリング)

今日は休日一日目。
最近勤務が変則気味の為、自宅でマッタリと過ごしていました。
そんな訳で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(雨天敗走!さらば北海道…)からの続き)
苫小牧港を出港後、「さんふらわあ さっぽろ」の船内をフラフラと見て回った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Sun_flower_sappro6 Menu






レストランのメニューが掲示されいたので見ると、夕飯と朝食はバイキングで昼食はカレーバイキングとの事。
メニューを確認後、流石に疲れが溜まっていた為、自分のカジュアルルームへ戻って夕飯まで寝る事にした。
(´-ω-`)…。
Sun_flower_sappro7 Viking1






19:00までグッスリと軽く寝た後、レストランへ移動して色々食べてバイキングを堪能した。
(゚Д゚ )ウマー
Sun_flower_sappro8 Sappro_classic






腹が一杯になったら眠くなった為、また一眠りして21:00まで眠った。
一眠りした後、展望浴場に移動して、真っ暗な海を眺めながら一風呂浴びた。
一風呂浴びた後は、展望スペースで「サッポロクラシック」を飲みながらマッタリと寛いだ。
(*´д`*)ノ[]
Sun_flower_sappro9 Sun_flower_sappro10






「サッポロクラシック」を飲んでホロ酔い気分で船内をウロウロしたが、本格的に眠くなってきた為、自分のカジュアルルームへ戻って眠った。
(ρw-).。o○
Sun_flower_sappro11 Sun_flower_sappro12






日付が変わり2009/7/16(水)5:00過ぎに、「さんふらわあ さっぽろ」の機関音で目が覚めてしまった。
( ・д⊂ヽ゛
ジュアルルームから這い出して、船内に設置して有った位置情報を見たら三陸沖を航行していた。
Viking2 Sun_flower_sappro13






5:00に起きたのは早過ぎた為、二度寝して8:00に再起床。
レストランへ移動して朝食バイキングを堪能した。
(゚Д゚ )ウマー
朝食バイキングで腹一杯になった後、海を眺めてボケーとした。
( ゚Д゚)…。
Sun_flower_sappro14 Soft_katugenvitamin_kasutera






海を眺めてボケーと過ごしていたら小腹が減った為、「苫小牧フェリーターミナル」の売店で購入していた北海道限定品の「ビタミンカステーラ」と「ソフトカツゲン」の封を切った。
◆ヽ(´ρ`)ノ[]
Sun_flower_sappro15 Viking3






北海道限定品の「ビタミンカステーラ」と「ソフトカツゲン」を食べて満足後、昼食のカレーバイキングまで一眠りした。
⊂( ⊂(´_ゝ`)
Ooarai Sun_flower_sappro16






昼食のカレーバイキングを食べた後、自分のカジュアルルームでゴロ寝していたら、船内放送から大洗港に到着の連絡が有った。
「さんふらわあ さっぽろ」の船上に出て見ると、大洗港が見えて来た。
手荷物を持ってカジュアルルームからバイクを格納してある第2甲板グリーンデッキへ向った。
Itako Melon_gelato






「さんふらわあ さっぽろ」から下船した後、県道2号→国道51号を南下して東京方面へ向って走った。
途中、「道の駅いたこ」が目に入ったので立ち寄って見た。
道の駅内の在る「虹工房」を覗いて見たら、茨城県産メロンでで作った「メロンジェラード」が販売されていた為、購入して食べた。
( ´∀`)つ§
「メロンジェラード」を堪能した後、潮来ICから東関東自動車道に入って、首都高速道路を迷いそうになりながら走り、東名高速道路の横浜町田ICを出て無事に自宅へ帰還。
ε=(ノ゚ー゚)ノ
今回の北海道ツーリングでは雨に祟られましたが、また北海道方面には行きたいと思っています。

北海道ツーリング顛末記☆終了☆..._〆(゚▽゚*))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

北海道ツーリング顛末記(雨天敗走!さらば北海道…)

今日は休日一日目。
天気は良い感じに晴れていましたが、寒い事と休出した疲れを癒す為に自宅でマッタリと過ごしていました。
そんな訳で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(道内最終宿泊地へ向う)からの続き)
2009/7/15(火)北海道に上陸して一週間目。
北海道ツーリング最終日は、「夕張メロンを食べてやる!(`・ω・´)シャキーン」と思っていた。
だがしかし、「ライダーハウス ムーミンひだか」の部屋の外から聞こえる激しい雨音で早朝5:30に目が覚めた。
Σ(゚Д゚;エーッ?!
Omusubitomato Mumin_hidaka






今日は夕張方面へ行くべきか悩みながら、昨日「セイコーマート」で購入した「おむすび3個入り」と管理人のお兄さんが差し入れて頂いたトマトを食べた。
( ゚Д゚)ウマー
苫小牧から出港する大洗行きのフェリーに乗船する前に夕張へ行けるか、管理人のお兄さんに相談した結果、管理人のお兄さんは「充分に間に合うが大雨の中を無理して行くと危ないから、また北海道に来た時に行った方が良い」との結論を得た。
(。・ω・)ノ゙ (ノд‐。)
夕張行きを断念して真っ直ぐ荷物を纏めて苫小牧に向う事に決めて、部屋から外へ出てバイクを駐車した倉庫へ向った。
倉庫中で荷物をバイクに積んで合羽を纏って、7:45に大雨の中を国道237号を南下して苫小牧へ向った。
大雨の中を濡れ鼠になりながら、日高町から苫小牧市に向って水煙を巻き上げながら黙々と走った。
途中、苫小牧方面から同じく水煙を巻き上げながら走って来た荷物満載のバイクと二回擦れ違ったが、大雨の中を走る物好きの同志なので当然手を挙げてお互い挨拶をした。
。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)b       ヾ(`Д´ )。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
Tomakomai1 Tomakomai2






延々と大雨の中を走って、10:15に「苫小牧フェリーターミナル」へ到着。
とりあえずフェリーが出港時刻(18:45)まで、バイクを指定された駐車場に停めた。
Tomakomai3 Tomakomai4






出港時刻まで随分と時間に余裕が有ったが、雨の中を移動する気力が尽きていた為、「苫小牧フェリーターミナル」で時間を潰す事にした。
(;´ρ`) グッタリ…。
Tomakomai5 Tomakomai6






「苫小牧フェリーターミナル」内をフラフラ見て回って、待合室の椅子に座って居眠りした。
(´-ω-`)…。
Restaurant_claire Hokkigai_to_kakiagetamagotojidon






待合室の椅子に座って居眠りしていたら、丁度良い感じに昼飯時になった。
フェリーターミナル内に在る「お食事&喫茶レストラン クレール」に入った。
メニューを見たら『おすすめ地産メニュー』の「北寄貝とかき揚げ玉子とじ丼」を注文して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Garana1 Garana2






「北寄貝とかき揚げ玉子とじ丼」に満足後、フェリーターミナル内の自販機で『北海道限定』の清涼飲料水の「ガラナ」が目に入った。
Σ( ・ω・)?
何故「ガラナ」が北海道限定の清涼飲料水になったか調べて見たら、ガラナ飲料は50年以上前にコカコーラに対抗する為に販売された。
しかし、圧倒的なコカコーラの強さに各地のガラナ飲料は消えてしまったが、北海道ではコカコーラの上陸が遅かった為、ガラナ飲料の人気が先に定着したとの事です。
自販機で「北海道限定 ひぐまりもっこり元祖コアップガラナ」購入して飲んだ。
( ´∀`)つ[]
Tomakomai7 Tomakomai8






ガラナ飲料を飲み干して、フェリーターミナルの三階へ移動して「苫小牧ポートミュージアム」を見学した。
「苫小牧ポートミュージアム」には、苫小牧港に関する資料や模型等が展示されていた。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Sun_flower_sappro1 Tomakomai9






「苫小牧ポートミュージアム」の窓から外を眺めると、三井商船フェリーの「さんふらわあ さっぽろ」が出港準備の様子が見えた。
「苫小牧ポートミュージアム」を見物後、売店で飲物と食料を購入してバイクを停めた駐車場に戻って乗船の準備をした。
Tomakomai10 Sun_flower_sappro2






乗船開始の案内が始まった為、他のライダー達と一緒に荷物を満載したバイクに乗って「さんふらわあ さっぽろ」に乗船した。
ε=(。・ω・)
Sun_flower_sappro3 Sun_flower_sappro4






第2甲板グリーンデッキにバイクを停めて、手荷物を持ってオイラが予約したカジュアルルームへ向った。
Sun_flower_sappro5 Tomakomai11






手荷物を手荷物棚に置いた後、「さんふらわあ さっぽろ」の甲板上に出て遠ざかって行く苫小牧港を眺めた。
(´・ω・`)/~~
一週間走り回って楽しかった北海道を離れて、茨城県の大洗港へ向けて航海が始まった。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月26日 (日)

北海道ツーリング顛末記(道内最終宿泊地へ向う)

今日は休日三日目最終日。
天気は良い感じに晴れていましたが寒い為、自宅でマッタリと過ごしていました。
そんな訳で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(幌加温泉に浸かる)からの続き)
北海道ツーリングも残り一日になった為、帰りの事も考えなくてはならない状況になった。
東京への帰る手段は、苫小牧港から商船三井フェリーに乗って大洗港へ帰る事にしていた為、出来るだけ苫小牧港に近い場所に宿泊したいと思っていた。
そんな訳で国道39号を走り、オイラが事前に調べていたライダーハウスへ向って走った。
北海道ツーリングも終盤になると、バイク乗りの姿が見えたら後出し気味だった挨拶(ピースサインはヤッパリ照れ臭い為、オイラは手を挙げるのみ)が自然に先手必勝になっていました。
ε≡≡( ^▽^)ノ゛    ヾ(゚Д゚ )≡≡3
Touma1 Touma2






国道39号を走って、当麻町に在る「道の駅とうま」に到着した。
当麻町は黒い西瓜で有名な「でんすけすいか」の特産地。
そんな訳でオイラは、道の駅内の売店で「ソフトクリームすいか味」を購入した。
Suika_soft Furano






「ソフトクリームすいか味」を食べながら真っ黒な「でんすけすいか」を眺めていたら、辛抱堪らず「でんすけすいか」を購入し、自宅へ宅急便で送ってしまった。
§ヽ(*´ρ`*)ノ●
自宅への土産を購入した後、「道の駅とうま」を出発して国道39号→国道237号(富良野国道)を走った。
Franoble1 Franoble2






途中、「フラノーブルMATSUO」に立ち寄って休憩し、建物内の展望室から周辺の風景を眺めた。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Menu1 Guts_steak_don






「フラノーブルMATSUO」で休憩後、国道237号→国道38号(狩勝国道)を走って、「道の駅 南ふらの」に到着。
時計を確認したら16:00を過ぎていた為、チョット遅いが道の駅内のレストラン「ごはん家ラーチ」で昼飯を食べる事した。
メニューを見たら、『かなやま湖ログホテルラーチの名物料理!!』の文字が目に入り「鉄板ガッツステーキ丼(ビーフステーキ)」を注文した。
「鉄板ガッツステーキ丼」の牛ステーキは、肉の表面に摩り下ろした人参を付けて焼き上げてあり美味かったです。
( ゚Д゚)ウマー
Kanayama1 Shimukappu






「道の駅 南ふらの」で「鉄板ガッツステーキ丼」を堪能した後、国道38号→道道465号を走り、かなやま湖(ダム湖百選の一つ)の湖畔を気分良く走った。
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!
途中、「かなやま湖自然公園」で湖を眺めた後、道道465号→国道237号を走り、「道の駅 自然体感しむかっぷ」で休憩した。
Mumin_hidaka1 Mumin_hidaka2






「道の駅 自然体感しむかっぷ」で休憩後、国道237号を南下して路肩に設置して有った案内に従って、目的地の「ライダーハウス ムーミン(夢民)ひだか」に到着した。
∑(゜∀゜)
Mumin_hidaka3 Mumin_hidaka4






「ライダーハウス ムーミンひだか」の敷地に入ったら、管理人のお兄さんが建物の前で作業をしていた。
オイラが「今日は泊まれますか?」と訊ねたら、管理人のお兄さんから宿泊可能との返事を頂いたので、ライダーハウス隣の倉庫内にバイクを停めた。
( ・ω・)∩  ヽ(゚Д゚ )b
Mumin_hidaka5 Mumin_hidaka6






ツーリング装備を持ってライダーハウス内に入ると、室内は漫画等の雑誌が色々と揃っていて暇潰しに良い感じでした。
更に宿泊者はオイラ一人きりだった為、ライダーハウス一軒貸切状態でした。
Mumin_hidaka7 Kawabuchi






荷物を置いて管理人のお兄さんの雑談し、ライダーハウス周辺に店が無い事とお勧めのラーメン屋を教えて頂いた。
そんな訳で管理人のお兄さんお勧めの「ラーメン専門店かわぶち」へ向った。
ε≡ヾ(o・ω・)ノ
Menu2 Tantanmisogyouza






「ライダーハウス ムーミンひだか」を出発し、国道237号を北上して「ラーメン専門店かわぶち」に到着。
店内に入りメニューを見て「坦々みそらーめん」と「ぎょうざ(5ヶ)」を注文して食べた。
管理人のお兄さんのお勧め通りに「坦々みそらーめん」は、ピリ辛スープが美味かったです。
( ゚Д゚)ウマー
「坦々みそらーめん」と「ぎょうざ」に舌鼓を打った後、「ラーメン専門店かわぶち」を出て「セイコーマート日高店」で明日(2009/7/15)の朝食用に「おむすび3個入り」とペットボトルのお茶を購入して元来た道を引き返して「ライダーハウス ムーミンひだか」へ帰った。
この時点で暗雲が迫って来ていた事は、オイラは夢にも思わなかった。
ε≡(*´∀`)ウフフ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

北海道ツーリング顛末記(幌加温泉に浸かる)

今日は休日三日目最終日。
今日も天気がイマイチな感じの為、自宅で情報収集等をしていました。
そんな訳で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(三国峠を走る)からの続き)
国道273号を走ってオイラが事前に調べていた温泉へ向った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Otohukegawa1 Otohukegawa2






まず最初に目指した所は、秘湯と言われる岩間温泉へ向った。
地図を確認して国道273号から音更川本流林道へ突入。
(`・ω・´)シャキーン
Otohukegawa3Otohukegawa4






温泉を目指して砂利道を延々走っていたら、次第に道が荒れてきて荷物満載のオイラのバイクではチョット厳しくなった為、岩間温泉へ向かう事は断念した。
(´・ω・`)ショボーン
Horoka_spa1Kanoya






音更川本流林道から撤退し、国道273号を走って「幌加温泉」へ向った。
国道273号から脇道に入って、急な坂道を上がって行くと「幌加温泉」に到着。
「幌加温泉」には二軒の温泉宿「鹿の谷(かのや)旅館」、「ホロカ温泉旅館」が在った。
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ッ!!
Horoka_onsen1 Horoka_onsen2






オイラは何処の温泉に入ろうかと悩んだが、建物の外観がレトロで良い感じの「ホロカ温泉旅館」へ入る事に決めた。
Horoka_onsen3 Horoka_onsen4






「ホロカ温泉旅館」の中へ入り、浴室に入ったら躓きそうになった。
「何だ?」と思って足元を見ると、温泉成分と思われる堆積物が鍾乳洞の百枚皿の様な感じになり、浴室の床は凸凹になっていた。
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ナニココ!?
硫黄泉と言うだけあって、温泉は僅かに硫黄臭がした。
貸切状態の温泉でマッタリと寛いだ。
(*´д`*)ハァハァ
R39_1 R39_2






温泉に充分浸かって満足した後、「ホロカ温泉旅館」を出発して次の目的地へ向かう事にした。
スロットルを気分良く開けて国道273号→国道39号(大雪国道)を涼みながら走って、気分良く層雲峡を走り抜けた。
ε≡( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

北海道ツーリング顛末記(三国峠を走る)

今日は休日二日目で11月に突入。
先月は不規則なシフト勤務だった為、何となく疲れ気味。
( >Д<;)オモー
そんな訳で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(阿寒湖周辺を探索)からの続き)
2009/7/14(月)北海道に上陸して六日目。
窓から差し込む朝陽の明るさを感じて目が覚めた。
( ・д⊂ヽ゛
Oosakayasyokudou4 Oosakayasyokudou5






他の大阪屋食堂に宿泊した人達と一緒に、荷物を纏めて部屋から外へ出た。
駐車場で倉庫から自分の荷物を運び出してバイクに積んで、各自が走りたい方面へ走り去った。
(* ^ー゚)ノ   ε≡ヘ( ´∀`)ノ ε=ε┌( ≧▽)┘ε≡ヾ(o・ω・)ノ
R241_1 R241_2






大阪屋食堂を出発し、国道241号→国道273号を走って、オイラが走って見たかった日本最大の国立公園「大雪山国立公園」の中に在る三国峠を目指して走った。
ε≡≡( ・∀・)イイネ-!!
Safety_summer_touring_in_hokkaido R273






途中、「ホクレンJA上士幌町」でガソリンを補給し、「ホクレンの旗(SAFETY SUMMER TOURING IN HOKKAIDO)」が100円で販売していたので購入した。
(・∀・)尸
Tenbouhiroba1 Mizunara






国道273号を走っていたら、「タウシュベツ橋展望台」の標識が目に入った為、立ち寄る事にした。
Σ( ・ω・)?!
糠平湖の方へ向うミズナラの巨木が生えた静かな森の道を歩いて、「タウシュベツ川橋梁」が見える展望広場へ向った。
Tausyubetukawa_kyouryou Nukabirako






目的の展望広場に到着して、『幻の橋』と言われる「タウシュベツ川橋梁」は、糠平湖の水面に僅かに橋の一部が見えるだけだった。
(´・ω・`)ガッカリ…。
R273_1 Matumioohasi






「タウシュベツ橋展望台」を出発し、国道273号を走って自動車で通行可能な北海道で最も高い峠である三国峠の「松見大橋」を気分良く走った。
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!
R273_3 Mikunitouge_kyuukeijo






スロットルを気分良く開けて「ホクレンの旗」を靡かせながら走り、「三国峠休憩所」で休憩する事にした。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Mikunitouge1 Menu






「三国峠休憩所」から辺りに広がる大樹海を眺めたりして三国峠の風景を堪能した。
(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
朝飯を食べていなかったので、「三国峠休憩所」で食べる事した。
Kakiage_soba Mikunitouge_no_soft_ice_cream






メニューを見て「かきあげそば」を注文し、食後のデザートは「三国峠のソフトクリーム(バニラを注文してキャラメルソースをトッピング)」を食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Mikunitouge2 R273_4






「三国峠のソフトクリーム」を食べた後、「三国峠休憩所」を出発。
風呂に入りたくなった為、一旦元来た道を引き返して近くの温泉に入る事に決めた。
ε≡ヾ(o・ω・)ノ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

北海道ツーリング顛末記(阿寒湖周辺を探索)

今日は休日二日目で最終日。
明日から日勤なので、毎度の事ながら憂鬱であります。
( >Д<;)オモー
そんな訳と天気も良く無い為、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(日本本土最東端の地に到達)からの続き)
2009/7/13(日)北海道に上陸して五日目。
外でゴロ寝の野宿の為、ヒンヤリした空気と周りの明るさを感じて目が覚めた。
( ・д⊂ヽ゛
Akan_tantyounosato3 Akan_tantyounosato4






寝袋から這い出して、時計を確認したら午前4時30分を表示していた。
「道の駅 阿寒丹頂の里」のトイレで洗顔等をしてスッキリした後、缶コーヒーを飲んでマッタリとした。
(・∀・)ノ[]
Akanko1 Akanko2






「道の駅 阿寒丹頂の里」を出発し、国道240号(まりも国道)を北上して阿寒湖を目指して走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
阿寒湖に到着し、湖畔から雄阿寒岳を眺めて良い気分を浸った。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
Ainukotan1 Ainukotan2






阿寒湖の風景を眺めた後、北海道で一番大きなアイヌのコタン(アイヌ語の意味:村)「阿寒湖アイヌコタン」へ立ち寄った。
バイクを停めて徒歩で、「阿寒湖アイヌコタン」内に在る「プー(アイヌ語の意味:食料庫)」や「ヌササン(アイヌ語の意味:祭壇)」等を見て回った。
(・д・)ジー
Ainukotan3 Ainukotan4






コタン内を更に歩くと、「古式舞踊劇場オンネチセ(アイヌ語の意味:大きな家)」と大きな鳥居の中央に鎮座する「コタンコロカムイ(アイヌ語の意味:村の神(シマフクロウ))」が目に入った。
Σ( ・ω・)?!
「古式舞踊劇場オンネチセ」では、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」等を鑑賞出来るとの事。
しかし、今回はマッタリと観賞している時間の余裕が無かった事と土産物店の営業時間前だった為、観賞は断念してコタン内を見物して終了。
(´・ω・`)ショボーン
R241_1 R241_2






「阿寒湖アイヌコタン」を出発し、国道240号→国道241号(阿寒横断道路)→国道241号(足寄道路)→道道664号を走って、オネントー(アイヌ語の意味:大きな沼)へ向った。
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
Nisikinuma1 Nisikinuma2






オネントーへ向う途中で、水の色が赤錆色に染まった錦沼が目に入ったので見物する事にした。
Σ( ゚д゚) !?
近くに設置して有った説明板を見ると、『錦沼は褐鉄鉱(正式な鉱物名称ではない)が堆積してオレンジ色の水を湛えているから“錦沼”と呼ばれている』との事。
Onnetou1 Onnetou2






錦沼を見物後、道道664号を走ってオネントーへ向った。
オネントーの水の色は、綺麗な淡い青色に染まっていた。
(・∀・)イイネ!!
オネントーは湖面の色が刻々と変化する事から『五色沼』の別名が有るとの事です。
R241_3 Yoroushi






オネントーを見物後、摩周湖を見物しようと思い元来た道を引き返して、道道664号→国道241号を走った。
摩周湖に近付くにつれて大粒の雨は降り出した。
。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・ヽ(`Д´)ノウワァァァン 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。*
そして、何処をどの様に走ったか判らない内に摩周湖から遠く離れて、中標津町養老牛(ようろううし)に迷い込んでしまった。
ドコ?(T-T ))(( T-T)ドコ?
態勢を整える為、開放されていた赤い屋根の小屋に入って、地図を見ながら摩周湖へ向うか考えた。
地図を見ながら考えた結果、今回は摩周湖見物を諦めて足寄町へ向う事に決めた。
(`・ω・´)シャキーン
Asyoroko Cheese_hamburg_curry






覚悟を決めて大雨が降る中、中標津町養老牛の小屋を出発し、道道885号→国道243号→国道241号(足寄国道)を走って足寄町へ向った。
降り止む気配が大雨の中を走って、腹が減っていたのでチョット遅い昼飯を食べる為に「道の駅 足寄湖」に立ち寄った。
道の駅の二階にある喫茶店「ハイデ」に入って、名産のチーズを使用した「チーズハンバーグカレー」を注文した。
( ゚Д゚)ウマー
Miso_jingisukan Oosakayasyokudou1






「チーズハンバーグカレー」に満足した後、今晩の宿にしたいと考えていた「大阪屋食堂」へ向った。
「大阪屋食堂」に到着し、駐車場にバイクを停めて店内へ入った。
|;;・∀・)ノ
店の小母さんに「今晩泊まれますか?」と尋ね様としたら、店の小母さんは「ハイ、此処に座って」と席を案内して「味噌ジンギスカンで良いね?」と言った。
「味噌ジンギスカン」が出て来たので、店の小母さんに言われるがままにニンニクをタップリ塗って「味噌ジンギスカン」を平らげた。
( ゚Д゚)ウマー
「味噌ジンギスカン」を平らげたら、店の小母さんに「二階に上がって泊まって良いよ」と案内された。
大きな荷物は店の外に有る倉庫に置いて良いとの事なので、バイクから降ろして倉庫に入れて寝袋と身の回りの品を持って「大阪屋食堂」へ入った。
Oosakayasyokudou2 Oosakayasyokudou3






二階の部屋で寛いでいたら、オイラ以外にも泊まりに来たバイク乗り達が集まった。
(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ
Menu Miso_horumon






他のバイク乗り達と情報交換後、雨の中を走り続けた影響で疲れた為、座布団を並べて一眠りした。
⊂( ⊂(´_ゝ`)
夕飯も「大阪屋食堂」で「味噌ジンギスカン」を注文して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
お腹が満腹になった為、二階の部屋に戻って寝袋に潜り込んで、他のバイク乗り達と一緒に雑魚寝した。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

北海道ツーリング顛末記(日本本土最東端の地に到達)

今日は休日二日目で最終日。
人の入れ替え等で、シフトが大幅に変ってしまい結構キツイ状態です。
( >Д<;)クッ クルシイ…。
そんな訳と天気が悪い影響で、今日は自宅でマッタリしています。
一眠りしてスッキリしたので、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(知床半島を縦断)からの続き)
知床半島から国道335号を走って、根室半島の先端で日本本土最東端の納沙布岬(のさっぷみさき)へ目指した。
納沙布岬へ近付くにつれて霧が多く出て来て、辺りの風景は霧が多くなり薄暗くなってきた。
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
Nosappumisaki1 Nosappumisaki2






納沙布岬には16:20位に到着。
珸瑶瑁(ごようまい)水道越しに見える北方領土を眺めて、日本本土の最東端に辿り着き何となく旅愁を感じた。
( ー_ー )…。
Simanokakehasi1 Simanokakehasi2






納沙布岬から霞んで見える北方領土を眺めた後、「望郷の岬公園」をアチコチ見て回った。
公園内には様々な北方領土返還に関する碑が設置されていて、一番大きな北方領土返還祈念碑「四島(しま)のかけ橋」を見物。
近くに有った石碑を見ると、『四つの島がしっかり支え合っているシンボルは、歯舞、色丹、国後、択捉の祖国復帰をひたすらに願う全国民の祈りをこめて、建立されました。
みなさんとともに、わが国固有の領土であるこの島々が祖国に還る日を、力強く祈念しつづけましょう。』と刻まれていた。
「四島のかけ橋」の中央に設置してある灯火台で燃えている火は「祈りの火(1972年5月15日に沖縄県波照間島から採火)」言うとの事です。
Hoppoukan_boukyounoie1 Hoppoukan_boukyounoie2






「四島のかけ橋」を見物した後、「北方館・望郷の家」へ移動。
四島返還要求運動の署名が有ったので、オイラもシッカリと署名した。
φ(`д´)カキカキ
Hoppoukan_boukyounoie3 Nosappumisaki_heiwanotou






「北方館・望郷の家」には、北方領土に関する歴史的資料や生息する動物達の剥製が展示してあった。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
「北方館・望郷の家」を見学後、大きな「ノサップ岬平和の塔」が目に入ったが有料(入場料900円)だった為、今回は見物する事は諦めた。
(´・д・`)
Nossapumisakitoudai1 Nossapumisakitoudai2






「日本の灯台50選」に選ばれていて、日本本土最東端の灯台「納沙布岬灯台」を見物。
(・д・)ジー
Nosappumisaki3 R44






色々と考えさせられる「望郷の岬公園」を後にして、道道35号→国道44号を走って厚岸町の方へ向った。
目的は厚岸名産の牡蠣を食べる事。
ε=ε=(*´ρ`)
Akkeshi_gourmet_park1 Esukaru






「道の駅 厚岸グルメパーク」に到着し、道の駅内の二階にある「レストラン エスカル」に入った。
|´ρ`)ノ
Akkeshijuu Akkeshi_gourmet_park2






メニューを見て「あっけし重」を注文した。
「あっけし重」はプリプリの牡蠣の照り焼きとサクサクの白魚の掻き揚げが載って美味かったです。
( ゚Д゚)ウマー
「あっけし重」を食べて満足して「道の駅 厚岸グルメパーク」を出たら、外は暗くなっていた。
次第に暗くなっていく道の駅の駐車場で、厚岸町の街並み眺めていたら非常に重要な事に気が付いた。
オイラ:「宿泊する所を決めてねぇ…( ; ゚Д゚)」
そんな訳で何処か夜露を避ける場所を探すしかないと思い、厚岸町のガソリンスタンドでガソリンを満タンにして夜の北海道を走り出した。
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
D221 R240






未知の大地である暗闇の北海道を、出たとこ勝負のその日暮らしで、暗中手探りな感じで走っていたら、霧が立ち込めて真っ暗な釧路湿原付近で道に迷ってしまった。
(`Д´≡`Д´)??
真っ暗で霧雨が降る道をエゾシカ等の野生動物の姿にビビリながら、国道44号→道道221号→国道272号→国道44号→道道1003号→釧路湿原道路→道道53号→国道243号→国道240号(まりも国道)を走った。
ε≡≡(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
Akan_tantyounosato1 Akan_tantyounosato2






国道240号に出る事が出来たので、次の目的地は阿寒湖方面へ行きたいと思っていた為、国道240号を北上した。
流石に疲労困憊していたので、「道の駅 阿寒丹頂の里」に転がり込んだ。
道の駅の敷地内の隅に屋根が付いたベンチが目に入ったので、バイクに積んでいた寝袋を取り出して、寝袋に包まって爆睡してしまった。
(´д⊂)…ハゥ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

北海道ツーリング顛末記(知床半島を縦断)

今日は休日二日目で敬老の日です。
連休中の為、高速道路等はUターンラッシュで混むだろうと予測し自宅で休養中。
そんな所で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(オホーツクラインを走る)からの続き)
世界自然遺産に登録されているを知床半島を見物する為、国道244号から国道344号(知床国道)をスロットルを気分良く開けて走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
R344_1 R344_2






知床半島を真っ直ぐ延びる国道344号を走りながら、周辺の風景を堪能出来ました。
ε≡≡( ・∀・)イイネ-!!
Osinkosin Utoro_sirietoku






オホーツク海を横目に見ながら国道344号を走り途中、「日本の滝百選」に選定されているオシンコシンの滝を国道側から見物。
( ・∀・)イイ!
オシンコシンの滝を見物後、腹が減ったので「道の駅うとろ・シリエトク(アイヌ語で“大地の突端”の意味で“知床”の語源との事)」に立ち寄る事にした。
Utopia_siretoko Higawaridon_sakura






道の駅内のレストラン「ユートピア知床」に入ってメニューを見て、『数量限定』が気になってしまい奮発して「日替り丼 桜(エゾバフンウニ、イクラ、活白身、活帆立、生時鮭(時不知(ときしらず)))」を注文。
Σ(*´ρ`*)!
値段も良いだけあって「日替り丼 桜」の味は、流石に濃厚で美味しかったです。
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!
R344_3Rausudake






「日替り丼 桜」に満足した後、「道の駅うとろ・シリエトク」を出発。
国道344号(知床横断道路)を羅臼岳を眺めながら走った。
ε=ε=┌( ≧▽)┘
R335 D87






国道344号を良い気分で走って知床半島を横断。
国道344号から道道87号を走り、バイクで行ける知床半島の最東端の相泊を目指す事にした。
(`・ω・´)シャキーン
Kumaiwa1 Kumaiwa2






道道87号を走っていたら、道沿いに大きな岩が在ったので見物。
Σ( ・ω・)?
傍に設置してあった説明板を読むと、『この岩は熊岩と呼ばれていて、体長20mの大熊が小熊を抱いて子守唄を歌う姿に見える』との事。
Aidomari_basi1 Aidomari_onsen1






熊岩を見物後、道道87号を非常に良い気分で走った。
道道87号の起点アイドマリ川に架かる相泊橋を渡って、知床半島の最東端気分を味わって引き返した。
ε=(ノ゚ー゚)ノ
Aidomari_onsen1_2 Aidomari_onsen2






道道87号を引き返して走っていたら一風呂浴びたくなった為、知床半島の最果ての温泉である相泊温泉に立ち寄った。
Aidomari_onsen3 Aidomari_onsen4






バイクを駐車場に停めて、温泉が在る海岸へ降りた。
ブルーシートで掛けられた小屋が良い感じだと思いました。
Aidomari_onsen5 Aidomari_onsen6






小屋の中を覗くと、誰も居ない貸切状態だった。
湯舟の傍の棚に着替えや手荷物を置いて、備え付けの洗面器でお湯を汲んで汗を洗い流して湯舟に入った。
湯舟の底から熱い湯が湧き出していて、更に海の傍の所為か昆布が入っており昆布出汁が効いた気持ちの良い温泉でした。
(*´∀`*)アッタカーイ
Aidomari_onsen7 Aidomari_onsen8






根室海峡を挟んで見える国後島をチョト複雑な気分で眺めながら温泉に浸かり、体が温まって熱くなったら海岸の岩場に座って涼んだ。
(*´д`;)…。
Seseki_onsen1Seseki_onsen2_2






相泊温泉で一汗流してサッパリした後、道道87号を走って瀬石温泉を見物。
ε=( ・ω・)
Seseki_onsen3 Seseki_onsen4






時間が許せば瀬石温泉にも入りたかったが今回はパスし、『野天風呂に 秋めく浪の ささと寄す』の石碑を見て先へ急ぐ事にした。
(´・ω・`)ガッカリ…。
Siretoko_rausu Konbu_soft_cream






道道87号→国道335号を走って、「道の駅 知床・らうす」に名物ソフトクリームが有るとの事なので立ち寄った。
道の駅内の売店「羅臼漁業協同組合直営店・海鮮工房」で「昆布ソフトクリーム(羅臼昆布粉末+羅臼昆布スプーン(板昆布)付)」を購入。
バニラアイスと昆布の風味が良い感じで美味かったです。
( ´∀`)つ§
「昆布ソフトクリーム」に堪能して、「道の駅 知床・らうす」を出発。
日本本土最東端の納沙布岬が在る根室半島を目指して、国道335号を走った。
ε=ε=ε=ヘ(  ̄▽ ̄)ノ

(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

北海道ツーリング顛末記(オホーツクラインを走る)

今日は休日二日目。
昨日今日と、次のツーリングに備えて色々と情報収集をしてました。
(・∀・)ニヤニヤ
そんな所で、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(日本最北端の地に到達)からの続き)
2009/7/12(土)北海道に上陸して四日目。
朝の日差しを感じて目が覚めた。
( ・д⊂ヽ゛
Rugosa_express3 Rugosa_express4






時計を確認した午前4時だった為、静かに荷物纏めて「ルゴーサ・エクスプレス」から外へ出た。
|゚Д゚)))
Okoppe Rugosa_express5






「道の駅おこっぺ」のトイレで洗顔等をしてスッキリした後、道の駅周辺を早朝の散歩と洒落込んだ。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
R239 R238_3






早朝の散歩後、「道の駅おこっぺ」を出発し、国道239号→国道238号(オホーツクライン)を走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
R238_4 R238_5






国道238号を気分良く走っていたら「はまなす街道ビューポイント」が目に入った為、立ち寄って、眼前に広がるオホーツク海を眺めた。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
Saroma1 Saroma2






「はまなす街道ビューポイント」で海を眺めた後、国道238号→道道204号→道道605号を走って、汽水湖で日本最大(湖の大きさとしては琵琶湖、霞ヶ浦に次いで三番目)のサロマ湖にも寄り道した。
Saroma3 Saroma4






バイクを停めて、静かなサロマ湖湖畔の風景をマッタリと眺めた。
湖面の美しい青色の事を『サロマンブルー』と言うとの事です。
( ・∀・)イイ!!
Ryuuhyoukaidou_abasiri Matatabi






サロマ湖の風景を堪能した後、国道238号(オホーツク国道)を走って、「道の駅 流氷街道網走」で休憩した。
道の駅のテイクアウトコーナーで「またたびアイス」が売られていたので、網走川を眺めながら「またたびアイス」を食べた。
マタタビは猫の嗜好品だと思っていましたが、「またたびアイス」は人間が食べても美味かったです。
( ´∀`)つ§
テイクアウトコーナーに貼られていたマタタビの語源の一つに、『長旅に疲れた旅人が、マタタビの果実を食したら元気になり、「また旅」をした』という説が有るとの事です。
R244_1 R244_2






「またたびアイス」で元気になった様な気分になり、「道の駅 流氷街道網走」を出発。
知床半島を目指して、気分良くスロットルを開けて国道244号を気分良く走った。
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

北海道ツーリング顛末記(日本最北端の地に到達)

今日は夜勤明け初日。
体調管理の為、自宅に帰って寝てました。
(;´ρ`) グッタリ…。
一眠りしてスッキリしたので、北海道ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

北海道ツーリング顛末記(日本の最北端を目指して走る)からの続き)
道道106号(オロロンライン)を走って、日本最北端の宗谷岬に向う前に野寒布岬(のしゃっぷみさき)へ立ち寄る事にした。
ε≡ヾ(o・ω・)ノ
Dd106_1 Dd106_2






道道106号→道道254号を気分良くスロットル開けてで走った。
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
Nosyappumisaki1 Nosyappumisaki2






野寒布岬を目指して走ると、赤と白の縞模様が目立つ大きな「稚内灯台」が見えて来た。
「稚内灯台」は「日本の灯台50選」に選ばれていて、日本で二番目に高い灯台(高さ43m)との事。
海岸近くまでバイクに乗って移動して海を眺めると、サハリン(樺太)島と思われる島影が遠くに見えた。
(・д・)ジー
Karahuto_syokudou1 Namaunisansyokudon






野寒布岬で海を眺めた後、腹が減ったので「お食事処 樺太」に入る事にした。
店内に入って壁に貼って有ったメニューを見て、お勧めメニュー「生うに三色丼(イクラ、カニ、ホタテ)」を注文。
店員の人から「バイク出来た人にはサービスです」との事で、『無敵の生うに丼』のステッカーを貰った。
「生うに三色丼」は確かに色々な味を楽しめて美味かったです。
(゚Д゚ )ウマー
R238_1 R238_2






「生うに三色丼」に満足後、「お食事処 樺太」を出発して国道238号を走って宗谷岬へ向った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Souyamisaki1 Souyamisaki2






海岸沿いを気分良く走って、日本最北端の地である宗谷岬に到着。
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ッ!!
岬と言っても尖った地形ではなく、普通の曲がった海岸線だなと思いました。
バイクを停めた場所から小高い丘の上を見上げると、日本最北端の灯台「宗谷岬灯台」が見えた。
Souyamisaki3 Souyamisaki4






宗谷岬周辺を見て歩くと『最北端~』を強調した店等が色々有ったので、オイラはTシャツやステッカー等の土産を購入した。
Souyamisaki5 Saihokutan_kyuuyu_syoumeisyo






「日本最北端の地」の碑の前にいたら、観光で来ていたと思われる方から「写真を撮りましょうか?」声を掛けられた為、お言葉に甘えて写真を撮って貰った。
(-p■)q    (・∀・) センキュゥー♪
宗谷岬を見物後、『日本最北端の給油所(安田石油店)』でガソリンを給油して、「日本最北端給油証明書」と「ホタテの貝殻で出来た交通安全の御守」を記念に頂戴した。
(´ー`)ノ□⊂(゚∀゚ )
日本の最北端を攻略したので、次は最東端を目指す為、国道238号をオホーツク海を横目に見ながら走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Rugosa_express1 Rugosa_express2






国道238号を走っていたら次第に日が暮れて来た為、国道238号→国道239号を走って「道の駅おこっぺ」の敷地内に有る簡易宿泊所(宿泊料が無料なのが素晴らしい!)「ルゴーサ・エクスプレス」に宿泊する事にした。
「道の駅おこっぺ」に到着したらスッカリ日が暮れてしまった。
オイラよりチョット前に到着したと思われるバイクから荷物を降ろしている人達に「泊まれますか?」と訊ねたら、「道の駅の受付は18時までだけど、まだ寝れる場所が空いているから大丈夫!」と言われた。
バイクを駐車場に停めて、寝袋を持って列車の車両を改造した宿泊所の中に入った。
列車内は他の宿泊者達で混み合っていたが、オイラは寝袋に包まったら直ぐに爆睡してしまった。
(´-ω-`)…。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)