山陰ツーリング顛末記

2009年1月21日 (水)

山陰ツーリング顛末記(島根から東京への帰り道(後編))

今日は休日初日。
天気は下り坂で、午後から雨が降ると天気予報が言っている為、自宅でノンビリと休養中です。
明日の天気は回復するそうなので、天気と気分次第でツーリングに出動したいと思っています。
そんな所で、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(島根から東京への帰り道(中編))からの続き)
「道の駅 神話の里 白うさぎ」を出発し、国道9号をマッタリと走って山陰海岸国立公園の鳥取砂丘へ向った。
ε=ε=ε=( ・ω・)
Tottorisakyuu1 Rakudaya1






バイクを鳥取砂丘傍の土産物屋「らくだや」の無料駐車場に停めた。
Tottorisakyuu2 Tottorisakyuu3






バイクを駐車場に停めた後、徒歩で鳥取砂丘へ向った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Tottorisakyuu4 Tottorisakyuu5






駐車場から道を渡って階段を上がると、日本最大規模の鳥取砂丘が目の前に広がっていた。
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ナニ?!!
眼前の巨大な砂山(通称「馬の背」と言うとの事)に向って観光客が歩いていたので、「オイラも行くぜ!(`・ω・´)シャキーン!!」と思ってしまった為、行く事にした。
Tottorisakyuu6 Tottorisakyuu7






広大な砂丘をトボトボと歩きましたが、なだらかな坂が延々に続いていたので、結構疲れました。
(((;-д- )=3ハァハァ
巨大な砂山「馬の背」を登って、頂上から日本海を眺めた。
素晴らしい風景に感動しました。
(・∀・)イイネ!!
Tottorisakyuu8 Tottorisakyuu9






日本海の風景を堪能した後、背後を振り返ったら「この砂丘をマタ歩くのかぁ~!?」と、チョト気分的に嫌になった。
( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
Rakudaya2 Nasisoft






広大な砂丘を汗だくになって「らくだや」へ戻って、鳥取特産の梨が入った「梨ソフトクリーム」を食べた。
梨の風味が良い感じで美味かったです。
( ´∀`)つ§
Tottorisakyuu10 Youka_tajimakura






「梨ソフトクリーム」を堪能した後、鳥取砂丘を出発して国道9号をひたすら走り、京都方面へ向った。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ
途中、「道の駅ようか但馬蔵」で休憩して黙々と国道9号を走った。
ε≡( ´-ω-`)…。
Kyouto1 Kyouto2






国道9号を延々と走って、京都市内に辿り着いた。
時計を確認すると19:30を過ぎていた為、「この時間ならETCの深夜割引が利用出来る!」と思って、京都南ICから名神高速道路へ突入!
ε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ<アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Tutiyamasa Kariya_pa






京都南IC→名神高速道路→草津JCT→新名神高速道路を走って、土山SAでコーヒーを飲んで休憩。
(・∀・)ノ[]
土山SA→亀山JCT→伊勢湾岸道路に入ったら何となく眠たくなってきたので、刈谷ハイウェイオアシス(刈谷PA)のベンチに座って30分程仮眠した。
(ρw-).。o○
刈谷ハイウェイオアシス(刈谷PA)→豊田JCT→東名高速道路に入ったら、目を開けて走っているつもりなのに目蓋が下りてきて意識が無くなりそうになった。
(´д⊂)…ハゥ
Hamanako_sa1 Yaramaika






流石にヤバイと思って、浜名湖SAに緊急退避した。
時計を見たら日付が変わり5/9(金)0:10を表示していた。
眠いし腹も減っていたので、SA内に有る24時間営業の「丼・カレー やらまいか亭」に入った。
Unagidon Hamanako_sa2






「浜名湖と言ったら、ヤッパリ鰻だろう」と思って「うなぎ丼」を食べた。
( ゚Д゚)ウマー
「うなぎ丼」を食べた後は、浜名湖SAのベンチで爆睡した。
(つ∀-)オヤスミー
Makinohara_sa Hujikawa_sa






浜名湖SAのベンチで二時間程仮眠した後、東名高速道路を法定速度マッタリと巡航した。
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
途中、牧之腹SAと富士川SAで休憩した。
Ebina_sa 富士川SAでガソリンを補給した後は、明るくなってきたので海老名SAまで一気に走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ



海老名SAには6:00丁度に到着し、最後のコーヒー休憩をして無事に自宅へ帰還した。
この様にして、七泊八日の山陰ツーリングは無事に終了。
いつかまた山陰ツーリングを行こうと心に誓った。

山陰ツーリング顛末記☆終了☆..._〆(゚▽゚*))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

山陰ツーリング顛末記(島根から東京への帰り道(中編))

今日は休日二日目。
昨日は東京でも初雪が降ったとの事なので、今日は外出せずにチョット様子見。
明日の予定は、天気と気分次第な感じです。
そんな所で、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(島根から東京への帰り道(前編))からの続き)
「龍見台」を出発し、国道9号を良い気分で走って白兎海岸沿いに在る「道の駅 神話の里 白うさぎ」へ向った。
ε≡≡ヽ(*´∀`)ノ
Inabanosirousagi Hakutojinja1






バイクを駐車場に停めて周囲を見回すと、道の駅の傍に「因幡の白うさぎ」を祀った「白兎神社」が目に入った為、折角なので参拝させて頂く事にした。
Hakutojinja2 Hakutojinja3






「白兎神社」の鬱蒼とした森に囲まれた参道を歩いた。
参道の脇に有った説明板を見ると、この森は「白兎神社樹叢(はくとじんじゃじゅそう)」と呼ばれて国指定天然記念物との事。
Mitarasiike1 Mitarasiike2






参道を歩いて行くと白兎が体を洗った池(「御身洗池(みたらしいけ)」または「不増不減の池」と言うとの事)が有った。
Hakutojinja4 Hakutojinja5






「御身洗池」を見た後、拝殿(祭神:白兎神(縁結び、傷病に霊験が高いとの事))に向かい参拝させて頂いた。
(-人-)…。
Sinwanosato_sirousagi Ginrin






「白兎神社」を参拝後、「道の駅 神話の里 白うさぎ」へ向かい昼飯を食べる事にした。
道の駅の二階に有るレストラン「おさかなダイニング ぎんりん」に入った。
Menu Nihonkaiirodorikaisendon






メニューを見て「日本海彩り海鮮丼」を注文した。
(*´Д`)ウマー!!
Hakutokaigan1 Hakutokaigan2






「日本海彩り海鮮丼」を堪能した後、「道の駅 神話の里 白うさぎ」から国道9号を挟んで直ぐ傍の白兎海岸へ食後の散歩に行って見た。Hakutokaigan3
日本海をマッタリと眺めながら白兎海岸沿いをウロウロと歩き回った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
白兎海岸の食後の散歩に満足した後、鳥取砂丘へ向う事にした。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

山陰ツーリング顛末記(島根から東京への帰り道(前編))

今日は休日二日目。
2008年も後僅かなので、新年に備えて部屋の片付け等を行っていました。
明日の予定は気分次第な感じです。
そんな所で、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(境港市から松江市へ)からの続き)
5/8(木)山陰ツーリングを始めて七日目の最終日。
山陰ツーリングの最後の目標は、アチコチ寄り道しながら東京を目指して走る事。
(`・ω・´)シャキーン!!
「島根県教育会館」をチェックアウトする前に、受付の小父さんの所へ朝飯(パンとコーヒー)を貰いに行って、朝食を軽く済ませた。
○ヽ(・∀・)ノG[__]
Simanekenkyouikukaikan K24






朝食を済ませた後は、チェックアウトの手続きを済ませて「島根県教育会館」を出発。
国道9号を走行し、島根県から鳥取県に入って中国地方最高峰の大山(だいせん)の案内標識が目に入った。
大山は寄り道候補に入っていたので、当然立ち寄って行く事にした。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ
Daisen1 Daisen2






国道9号→県道24号(大山道路)を実に気分良く走った。
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!
Daisen3 Daisen4






本当はバイクを降りて見て回りたかったが、今回は大山隠岐国立公園大山寺地区をバイクに乗ったままウロウロ見て回った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Wakarejizou1 Wakarejizou2






大山隠岐国立公園大山寺地区をウロウロした後、大山一周ツーリングを目論んだが、こちらも今回は断念して「別れ地蔵」に旅の安全を祈り、大山を後にした。
(´・ω・`)ショボーン
Daisen5 Hamanasu_pa






大山を後にして国道9号を風力発電用の風車を眺めてマッタリ走って、はまなすPAでチョット休憩。
ε==ε==(ノ゚Д゚)ツ ||WC||
Porat_akasak1 Port_akasaki2






はまなすPAで休憩後、国道9号を良い感じに走って「道の駅ポート赤碕」に立ち寄って売店等を覗いたりした。
(・д・)ジー
Daiei1 Daiei2






「道の駅ポート赤碕」に立ち寄った後、国道9号を良い感じに走って「道の駅大栄」にも立ち寄った。
何となく喉が渇いたので、白バラ乳業の「大山香取の里 のむヨーグルト」を購入して飲んだ。
( ´∀`)つ[]
Hawai1 Hawai2






「道の駅大栄」で飲むヨーグルトを堪能した後、国道9号を気分良く走って「道の駅はわい」にも立ち寄って見た。
売店を覗いて見たり展望台から東郷池を眺めてマッタリとした。
( ・∀・)イイ!
Tatumidai1 Tatumidai2






「道の駅はわい」で風景を堪能した後、国道9号を走っていたら「龍見台(たつみだい)」が目に入った為、立ち寄って見た。
結構良い感じの日本海の眺望を堪能出来た。
(・∀・)イイネ!!
日本海を眺めた後、「龍見台」の展望所で現在位置を確認。
次の寄り道場所を「因幡の白ウサギ」の舞台の白兎(はくと)に決めて、「龍見台」を出発した。
ダッシュ!ε≡≡ヽ(*´∀`)ノ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

山陰ツーリング顛末記(境港市から松江市へ)

今日は夜勤一日目。
昨日は何となく喉がチョット痛い感じだった為、風邪薬を飲んで今日まで寝てました。
早めに対処したので、喉の痛みが無くなり助かりました。
(・∀・)ノ イエーイ!!
そんな所で、山陰ツーリングのの続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(美保関灯台を見物)からの続き)
「美保関灯台」から県道2号を美保湾の風景を眺めながら走って、鳥取県境港市へ入った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Sakaiminato Mizukisigeru_road1






境港市の街並み見ながら走っていたら、「水木しげるロード」の看板が目に入ったので、立ち寄って見る事にした。
!∑(゜∀゜)
Mizukisigeru_road2 R431






「水木しげるロード」をバイクに跨ったまま見て回って、国道431号を走って松江市へ向った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Honjou1 Honjou2






国道431号を走っていたら「道の駅 本庄」が在ったので、休憩ついでに立ち寄って見た。
この辺りは武蔵坊弁慶が生まれ育った地との事で、弁慶に関する伝説が色々有る様です。
バイクを駐車場に停めて、道の駅内をウロウロと見て回ったら「柿ソフトクリーム」を発見。
Σ(´ρ`;)
Kakisoft Kakijuce






本庄地区は西条柿が特産品らしい。
「柿ソフトクリーム」以外にも「柿ジュース」も有ったので、「二つ纏めて味わうしかねぇ!(*´ρ`*)ハァハァ」と思ってしまい、二つの柿メニュー注文してしまった。
「柿ソフトクリーム」は、柿の甘みが良い感じに美味かったです!
( ゚Д゚)ウマー
「柿ジュース」は、普通に柿を搾ったジュースでしたので、どちらか一つを注文するなら迷わず「柿ソフトクリーム」を注文した方が良いと思います。
「道の駅 本庄」で休憩後、「島根県教育会館」へ戻って部屋で一眠りした。
(´-ω-`)
部屋で一眠りした後、山陰最後の夜は「出雲そば」(ガイドブックの情報に因ると、出雲や松江を含めた広い地域での呼び名は「雲州そば」と言うとの事。出雲と松江 では汁の味付けが違うらしく、出雲は甘口で松江は辛口らしいです)を食べ様と思い、「島根県教育会館」の受付の小父さんにガイドブックで見た「神代そば」 の場所を訊ねたら、「水曜日だから今日は定休日ですよ」と言われた。
( ゚∀℃( `Д´)マジデスカ!?
Tatibanaya1 Tatibanaya2






受付の小父さんに、お奨めの蕎麦屋を訊ねたら「橘家」を薦められたので、場所を教えて貰い行って見る事にした。
「島根県教育会館」からバイクで真っ直ぐ走って、「橘家」へ到着。
店先にバイクを停めて店内に入り、「鳥そば」を注文した。
( ゚Д゚)ウマー
Torisoba Matue






「鳥そば」を堪能した後は松江市内を食後の散歩をして、山陰最後の夜は無事に終了した。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

山陰ツーリング顛末記(美保関灯台を見物)

今日は休日最終日。
今回の休日は基本的には、自宅でゴロゴロ寝ておりました。
(´-ω-`)
そんな所で今日は、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(島根半島を西から東へ横断)からの続き)
県道2号を走って、大山隠岐国立公園に含まれている地蔵埼に到着。
駐車場にバイクを停めて、「美保関灯台」の方へ向った。
Jizouzaki1 Jizouzaki2






岬内に設置して有る説明板に因ると、地蔵埼は古くは「美保之埼」と呼ばれて、船舶の事故が絶えなかった為、多くの地蔵が岩壁や波打ち際に奉納される様になった事から地蔵埼と呼ばれるそうです。
Jizouzaki3 Mihonosekitoudai1






地蔵埼園地内をフラフラ歩いて、灯台周辺を見て回った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Mihonoseki1 Mihonoseki2






展望デッキの近くに「海の八甲田事件」とも言われる「日本海軍美保関沖遭難事件」の記念碑が有った。
Mihonoseki3 Mihonoseki4






更にフラフラを歩くと「美保之埼の由来」の説明板が有ったので、読んで見た。
地蔵埼の沖に浮かんでいる「沖の御前島」と「地の御前島」は、美保神社の祭神「事代主神(ことしろぬしのかみ、俗にエビス様)」の釣り場との事。
Mihonosekitoudai2 Mihonosekitoudai3






地蔵埼を一通り見て回って、「美保関灯台(高さ約14mの山陰地方で最古の石造灯台で、「世界灯台100選」に選ばれているとの事です)」を外側から見物した。
(・д・)ジー
Jizouzaki4 Jizouzaki5






「美保関灯台」を見物した後、地蔵埼の展望デッキから景色を眺めた。
美保湾を挟んで中国地方最高峰の大山(だいせん)が良い感じに見えた。
(・∀・)イイネ!!
K2 地蔵埼の展望デッキから景色を堪能した後は、県道2号を走って鳥取県境港市の方へ行って見る事にした。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ


(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

山陰ツーリング顛末記(島根半島を西から東へ横断)

今日は休日二日目。
昨日は色々有ったので、今日は疲労回復の為に大人しく寝てました。
(´-ω-`)…。
そんな所で今日は、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(日御碕周辺を走る))からの続き)
日御碕で「かじめ丼」を堪能した後、また「出雲大社」の方へ戻った。
何しに戻ったか理由を書くと、単に食後のデザートを食べに来た訳ですが、出雲は「ぜんざい」発祥の地との事なので、「コレは食べるしかない!」と思ったからです。
(`・ω・´)シャキーン!!
Nihonzenzaigakkai1 Nihonzenzaigakkai2






「出雲大社」の出雲大社神門通りに在る「日本ぜんざい学会壱号店」に入ってみた。
|* ゚ー゚)ノ
Nihonzenzaigakkai3 Izumozenzai






メニューを見て「ヤッパリ最初は基本メニューだろう」と思い、一番普通そうな「出雲ぜんざい」を注文した。
紅白の餅が二個入っていて美味かったです。
( ゚Д゚)ウマー
会計時に店の人に、縁結びグッズの「出雲路ご縁袋(赤い糸が5円玉が入ってます)」を貰った!
ハイ!( ゚∀゚)つ◎ ⊂(゚∀゚ )センキュゥー♪
Simanehantou1 Simanehantou2






「出雲ぜんざい」を堪能後、県道29号→県道23号を走って島根半島を西から東へ海岸沿いを走る事にした。
Simanehantou3 Simanehantou4






海岸沿いを海を眺めながら、良い気分で走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Simanehantou5 Simanehantou6






バイクで走っていて、ナカナカ良い感じの道が延々に続いて楽しかったです!
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!
Simanehantou7 Simanehantou8






始めの内は良い気分で楽しく走っていたが、延々と続く油断も隙も無いアップダウンの激しい道を走っていたら、次第に疲れてきた…。
マダ━━━(#゚Д゚)━━━!?
Sitiruikou1 Sitiruikou2






県道23号→県道37号を走って、七類(しちるい)で「メテオプラザ」の建物を外から眺めて、県道37号→国道485→県道2号を走って、島根半島の西端へ向った。
Meotoiwa Mihonoskikankouannai






県道2号を走っている途中で、「男女岩(めおといわ)」の案内板を見掛けたので、バイクを路肩に停めてチョット見物した。
(・д・)ジー
注連縄で繋がった二個の岩を見て、男岩は一目で理解しましたが、「なんで女岩?」と思って近くに寄って見たら、女岩には穴が開いていて男岩が丸見えでした。
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!
珍妙な岩の「男女岩」を見物した後は、美保関(みほのせき)の方へ向った。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

山陰ツーリング顛末記(日御碕周辺を走る)

今日は休日最終日。
今回の休日は天気が微妙で寒い為、基本的に自宅でゴロ寝して、フィットネスクラブで一汗掻いてました。
次回の休日の天気に期待したいと思います。
そんな所で今日も、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(出雲大社へ参拝に行く)からの続き)
「出雲大社」を出発し、県道161号を走って「道の駅 大社ご縁広場」へ向った。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ
Goenhiroba1 Goenhiroba2






「道の駅 大社ご縁広場」に到着し、出雲大社の本殿を真似たと思われる「吉兆館(入館無料)」に入って見た。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
出雲大社関連の資料が展示されていたので、出雲大社の参拝前に来て予備知識を得るのも良いと思います。
「道の駅 大社ご縁広場」の駐車場でツーリングマップルを確認し、東洋一の高さを誇る「出雲日御碕灯台」が在る日御碕の方へ行って見る事にした。
K29_1 K29_2






「道の駅 大社ご縁広場」を出発し、県道29号を海を眺めながら日御碕(ひのみさき)へ向った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Hinomisakijinja0 Humisima






「出雲日御碕灯台」へ向う途中で、「日御碕神社」と「ウミネコの経島(ふみしま)」の看板が目に入ったので立ち寄って見る事にした。
!∑(゜∀゜)
「日御碕神社」の直ぐ裏手の漁港から、ウミネコの集団が居る経島が良く見えた。
Hinomisakijinja1 Hinomisakijinja2






「日御碕神社」の駐車場にバイクを停めて、神社の境内に入った。
|=゚ω゚)ノ
Hinomisakijinja3 Hinomisakijinja4






「日御碕神社」の説明板を見たら、「下の本社(日沈の宮(ひしずみのみや)とも呼び、祭神:天照大御神)」と「上の本社(神の宮(かむのみや)とも呼び、祭神:神素盞嗚尊)」が在るとの事。
「日沈の宮」と呼ばれる理由は、「伊勢神宮」が日本の昼を守るに対して、「日御碕神社」は日本の夜を守れと勅命を受けてるそうです。
Hinomisakijinja5 Hinomisakijinja6






「下の本社」とと「上の本社」を参拝して、「日御碕神社」を出発した。
(-人-)…。
Hinomisakitoudai0 Tatuzawasyouten1






バイクを「出雲日御碕灯台」の駐車場に停めて、歩いて灯台へ向った。
灯台へ向かう道(海の味通り)の土産屋で、美味そうな匂いした「焼きイカ」を購入。
( ´∀`)つ―<二:彡-
Ikayaki Hinomisaki1






「焼きイカ」を食べながら灯台へ続く道を歩いた。
( ゚Д゚)ウマー
Hinomisaki2 Hinomisaki3






日御碕の断崖絶壁から日本海を眺めた。
「日本の自然百選」に選ばれているだけ有って、素晴らしい風景で良かった!
(・∀・)イイネ!!
Hinomisakitoudai1 Hinomisakitoudai2






断崖絶壁の風景を堪能しながら歩いて、「出雲日御碕灯台(高さ43.65mの石造灯台で、「世界灯台100選」や「日本の灯台50選」に選ばれているとの事です)」に到着。
最初は灯台を登ろうか思いましたが、体力温存の為、今回は灯台内には入場しませんでした。
(´・ω・`)ショボーン
Tatuzawasyouten2 Kajimedon






灯台見物を諦めて、昼飯を食べに「海の味通り」へ戻った。
「焼きイカ」を購入した「たつざわ商店」に入って、此処でしか食べられないと言う「かじめ丼」を注文した。
かじめ(海草の一種)のヌルヌルが良い感じ。
( ゚Д゚)ウマー
「かじめ丼」に満足した後、何処へ行こうか考える事にした。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

山陰ツーリング顛末記(出雲大社へ参拝に行く)

今日は休日初日。
寒くなっている所為か、職場内で風邪が流行ってます。
(´-ω-`)
そんな訳でオイラは風邪を引きたくない為、自宅でノンビリ休養中です。
明日は天気が良ければ、何処かに行こうと思っています。
そんな所で今日は、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(松江市へ向かう途中で)からの続き)
5/7(水)山陰ツーリングを始めて六日目。
今日(5/7)の予定は「出雲大社」へ参拝に行き、参拝後は思い付くままに近辺を走る事にした。
「出雲大社」に来た理由を簡単に書くと、「出雲大社」と言えば「縁結びの神」で有名です。
そんな訳でオイラは、色々な出会い(縁結びは恋仲だけじゃない)で良縁が結ばれて、毎日が幸せに暮らせる様に御願いしに来ました。
Simanekenkyouikukaikan4 Asamesi






ツーリングの装備を持って部屋の鍵を預けに受付へ行くと、受付の小父さんが「朝食は要りませんか?サービスです(・∀・)ニヤリ」と訊ねてきた。
モチロン断わる理由も無いので頂戴する事にした。
ヽ(●´ε`●)ノ
受付の小父さんがトースターでロールパンを焼いて、コーヒーを淹れてくれた。
軽めの朝食を食べて「島根県教育会館」を出発。
国道431号をマッタリと宍道湖湖畔を走って、「出雲大社駐車場」にバイクを駐車した。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ
Sazareisi1 Sazareisi2






駐車場を歩いて「神楽殿」へ向おうとしたら、大きな瓦礫の塊が目に入った。
( ・ω・)?
「何でこんな物が置いて有るんだ?」と思って見たら、国歌「君が代」で詠われている「さざれ石(学名:石灰質角礫岩)」だった。
長い年月で溶けた石灰岩に小石が付着して大きく成長した石で、大変お目出度い物らしいです。
Σ(・ε・;) ?!
Kaguraden Oosimenawa






「さざれ石」を見た後、巨大な大注連縄(長さ:13m、周囲:9m、重さ:5t)がぶら下がっている「神楽殿」へ向った。
賽銭箱に賽銭を入れて、出雲大社流の「二礼四拍手一礼」で参拝した。
。⌒ ヽ(´ー` )
Izumotaisya1 Izumotaisyaroumon






「神楽殿」を参拝した後、境内を歩いて「出雲大社本殿」へ向った。
「出雲大社本殿」の正面に在る「出雲大社楼門」からは、門が閉まっている為、「出雲大社本殿」は見えなかった。
Kariden Honden






「出雲大社本殿」前をウロウロしていたら「御仮殿」の看板が目に入った。
本殿が修造の間は、仮殿に「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」が引越ししてるらしい。
そんな訳で「御仮殿」も参拝させて頂いた。
(-人-)…。
Jukyuusya1 Jukyuusya2






「御仮殿」を参拝した後、本殿周囲を東側から見て回った。
本殿周囲には、神在月の時に神様の宿になる「十九社」が在った。
Kamanoyasiro1 Kamanoyasiro2






本殿の裏側を歩いて行くとチョット気になる神様(「迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」)が祀られていた。
食べ物の神様との事なので、美味しい食べ物が食べられる様に祈らせて頂いた。
(*´人`*)エヘヘ…。
Yasiro Jukyuusya3






本殿東側を見て回って、本殿の前に戻った。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Doudukuritorii Izumotaisya2






「銅造鳥居」を潜って「松の参道(関の馬場)」を歩いて「勢溜(せいだまり)」まで行こうと思ったが、結構な距離が有った為、駐車場に戻ってバイクに乗って「勢溜」へ向った。
「勢溜」で写真を撮った後、「道の駅 大社ご縁広場」へ行って見る事にした。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

山陰ツーリング顛末記(松江市へ向かう途中で)

今日は休日初日。
最近になって、随分と涼しくなり日が暮れるが早くなっている事を感じています。
(;・∀・)ハッ?
そんな訳で、環境に体を適応させる為に、自宅でノンビリ休養中です。
そんな所で今日は、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(石見銀山の大久保間歩に潜入(後編))からの続き)
石見銀山を見学した後、県道31号→国道9号を大田市から松江市へ向かって走った。
ε≡ヘ( ´∀`)ノ
Kirara_taki1 Kirara_taki2






国道9号を走って大田市から出雲市内に入り、二基の風力発電の風車が見えて来たので「道の駅キララ多岐」に立ち寄って見る事にした。
!∑(゜∀゜)
Itijukusoft1 Itijukusoft2






道の駅の館内に入ったら、多岐いちじく(島根ブランドの一つとの事)を使用している「いちじくソフトクリーム」が目に入ったので、購入して食べた。
イチジクの風味が良い感じで、美味かったです!
( ´∀`)つ§
Kirara_taki3 R9






「いちじくソフトクリーム」を堪能した後、道の駅の傍に在る「キララビーチ」で「日本の夕陽百選」に選ばれた、日本海に沈む夕日を眺めてやろうかと思ったが、明るい内に松江市内に入った方が良いと判断。
「道の駅キララ多岐」を出発し、海岸沿いを一気に走って松江市へ向かった。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Kyutaisyaeki1 Kyutaisyaeki2






途中、国の重要文化財に指定されている「旧JR大社駅舎」を見物。
(・д・)ジー
Izumotaisya1 Izumotaisya2






「旧JR大社駅舎」を見物した後は、「出雲大社」へ向かった。
「出雲大社」に到着したが、時計を確認したら18時になっていた。
ノンビリ参拝出来ないと判断し、「出雲大社」の参拝は明日(5/7(水))する事にして、出雲市から松江市へ向かった。
Sinjiko1 Sinjiko2






「出雲大社」から国道431号で、「日本百景」の一つ宍道湖湖畔を走った。
ε=(;・ω・)
Simanekenkyouikukaikan1 Simanekenkyouikukaikan2






松江市内に入ってチョット迷ったが、今日(5/6(火))の宿「島根県教育会館」に無事到着。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
受付の小父さんに挨拶すると、今日はオイラしか宿泊していないとの事。
「島根県教育会館」は島根県の教職員用の施設ですが、一般の人でも宿泊出来ます。
敷地内に駐車場と屋根付きの駐輪場が有るので、バイクで来ても安心だと良いと思います。
(・∀・)イイネ!!
部屋に荷物を置いてチョット休憩後、夕飯を食べにバイクに乗って外へ出た。
Airo1 Satukikaiseki






「島根県教育会館」で紹介されていた「サンラポーむらくも」内の「レストラン彩(あいろ)」へ、行って見る事にした。
春の特別企画「さつき会席」の案内が貼られていたので、チョット奮発して注文してみた。
Airo2 色々なメニューが楽しめて美味しかったです!
バイクに乗っていたので、酒が飲めなかったが残念です。
(´・ω・`)ショボーン


「さつき会席」に満足し、松江市内を食後の散歩と洒落込んだ。
(`・ω・´)シャキーン
Matue Matuejou






松江市内をバイクに乗ってウロウロ見て回り、「松江城」を堀の外側から見物した。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Simanekenkyouikukaikan3 松江市内を徘徊した後、「島根県教育会館」に戻って風呂に入って、自販機で缶ビールを購入。
自分の部屋で缶ビールを飲み、気持ち良くなり寝て終了。
(*´Д`*)つ[]

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

山陰ツーリング顛末記(石見銀山の大久保間歩に潜入(後編))

今日は休日二日目で、待ちに待った給料日!
給料━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)出た━━━━!!
天気予報通りに雨が降った為、自宅でゴロゴロしたり街へ出掛けてフラフラしたりしました。
明日はオイラの休日最終日なので、いつものコースで伊豆方面にでも行こうと思っています。
そんな所で今日は、山陰ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

山陰ツーリング顛末記(石見銀山の大久保間歩に潜入(前編))からの続き)
「大久保間歩」に突入する前に、近くの小屋でヘルメットと懐中電灯とゴム長靴が貸与されたので、ヘルメットを被ってゴム長靴に履き替えた。
Ookubomabu3 Ookubomabu4






各種アイテムを装備後、団体でゾロゾロと「大久保間歩」へ突入。
ε≡ヽ( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_-)=゚ω゚)ノ
間歩に入った早々、入口の鉄骨に頭を激突してしまいヘルメットが大活躍した。
坑道内は基本的に真っ暗(要所要所で設置して有るライトが点灯します)で、水浸しになっており、オイラはバイク用の革ジャケットを着てましたがチョット寒かったです。
Ookubomabu5 Ookubomabu6






江戸時代に掘られてた間歩は、細かく彫られた手彫りの跡が確認出来た。
滑らかに掘られた間歩の壁面は、有る意味芸術的でした。
Ookubomabu7 Ookubomabu8






明治時代に掘られた坑道は、削岩機やダイナマイトを爆発させて掘った為、坑道の壁面が荒々しい感じなので、掘削技術の移り変わりが見れて興味深かったです。
Ookubomabu9 Ookubomabu10






因みに初代銀山奉行の大久保長安が、槍を持って馬に乗った状態で間歩に入った事から、「大久保間歩」と命名されたとの事です。
Senoyama1 Senoyama2






「大久保間歩」の内部を見学した後、ヘルメット等を返却して仙ノ山の細い山道を登った。
Kamayamabu1 Kamayamabu2






細い山道を登ると、「釜屋間歩(かまやまぶ)」に到着した。
ガイドの小父さんの説明によると、「釜屋間歩」は大久保長安の家来である安原伝兵衛が、夢のお告げで発見したと伝えられる間歩との事。
Kamayamabu3 Kamayamabu4






発掘調査中の間歩が多い為、世界遺産として維持管理するのが大変らしい。
世界的に鉱山と言うと、鉱害等で禿山を思い浮かべてしまっていたが、「石見銀山」は自然と共存している事で世界遺産に登録させたとの事なので、環境に配慮して維持管理するのは、大変だなと素直に思いました。
Senoyama3 Sekaiisan






「釜屋間歩」の周辺を見学した後は、元来た道を下って駐車場へ戻った。
そして、バスに乗って「石見銀山世界遺産センター」に戻って、「大久保間歩 一般公開ツアー(限定)」は解散。
バイクに跨りエンジンを始動させて、本日(5/6(火))の最終目的地(宿)が有る松江市へ向かった。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)