« 沖縄ツーリング顛末記(那覇市内を歩き回る) | トップページ | オーバーホールした純正リヤサスの確認等で道志・宮ヶ瀬方面へ行く »

2018年6月11日 (月)

沖縄ツーリング顛末記(与勝諸島を巡り、ひまわり祭りへ行く)

本日は休日最終日。
今回の休日はバイクを車検に出している為、自宅でマッタリと過ごしていました。
そんな訳で沖縄ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

縄ツーリング顛末記(那覇市内を歩き回る) からの続き)
2018/3/12(月)沖縄に上陸して二日目。
目が覚めてツーリング装備を整えた後は、「旅の宿らくちん」のロビーで簡単に朝食を済ませた。
□ヽ(・∀・)ノG[__]
Inlink Estrella






朝食を済ませた後、予約したレンタルバイクを借りに毎度お世話になっている「インリンク」へ向った。
今回のツーリングの相棒はCBR250Rを予約していたが、チョットしたマシントラブルが有った為、CBR250Rの準備が出来るまでの間は、エストレヤに乗る事になった。
予約時にCBR250Rと比較して、どちらに乗るかチョット迷ったので、丁度良いと思いエストレヤに跨ってインリンクを出発した。
ε=ε=( ≧▽)
Kaichuudouro Ayahashikan1






先ずは海中道路を走りたい気分だった為、与勝半島方面を目指した。
目的の海中道路を気分良く走り、「海の駅あやはし館」で休憩する事にした。
(;´▽`A``
Ayahashikan2 Tenpura






バイクを駐車場に停めて、壁に貼られた『おきなわてんぷら』のメニューを見て、完売していない5種類の「てんぷら」を全種類を1個ずつ購入して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Miyagijima Sinugudou_banta1






「てんぷら」を食べて満足した後、「海の駅あやはし館」を出発した。
海中道路から先に在る与勝諸島(平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島)の方へ行く事に決めて、先ずは宮城島の海岸で潮風を浴びながら海を眺めた後、シヌグ堂バンタに来た。
ε≡( ´∀`)
Sinugudou_banta2 Sinugudou_banta3






宮城島の高台に在るシヌグ堂バンタからは、宮城島の集落から伊計島まで良く見渡す事が出来た。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Hamahiga_oohashi Sirumichu_kouen






シヌグ堂バンタを立ち寄った後、宮城島から浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島に上陸した。
兼久の浜の傍に在る「シルミチュー公園」にバイクを停めて周辺の風景を眺めていたらマスツーリングの人達が来た為、独り静かな場所を求めて撤収した。
( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)     Σ(・ε・;) ?!
Murukuhama1 Murukuhama2






「シルミチュー公園」を出発した後、浜比嘉島内に在るムルク浜付近海岸に来て海辺の風景を眺めて良い気分になった。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
Siosaikouen1 Himawari_in_kitanakagusuku1






海辺の風景を眺めて満足した後、北中城村に開催されている日本で一番早いヒマワリ祭「ひまわりIN北中城」を見物して宿へ戻る事に決めて、「ひまわりIN北中城」の会場へ向った。
会場に到着すると、警備員の方からバイクは「しおさい公苑」に駐車して欲しい指示が有った為、バイクを「しおさい公苑」に停めて徒歩にて会場に入った。
会場の入口に貼られた案内を見ると、『畑で咲いている向日葵は福島県産で、冬は沖縄県花を咲かせて、また種を採取して福島県へ採取して種を送り返す計画』との事。
Himawari_in_kitanakagusuku2 Himawari_in_kitanakagusuku3






良い感じ咲いた向日葵の花を眺めながらヒマワリ畑を歩き回った。
(・∀・)~♪
Siosaikouen2 Tebichi_nituke






ひまわりの花見を充分に堪能した後、宿へ一旦帰って休憩して夕飯を食べに「高良食堂」へ向かった。
「てびち煮つけ」を注文して食べて満足して宿へ戻って、沖縄上陸二日目も無事終了。
(゚д゚)ウマー

(続く)

|

« 沖縄ツーリング顛末記(那覇市内を歩き回る) | トップページ | オーバーホールした純正リヤサスの確認等で道志・宮ヶ瀬方面へ行く »

沖縄ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄ツーリング顛末記(与勝諸島を巡り、ひまわり祭りへ行く):

« 沖縄ツーリング顛末記(那覇市内を歩き回る) | トップページ | オーバーホールした純正リヤサスの確認等で道志・宮ヶ瀬方面へ行く »