« 週末の休みに備えてパンク修理 | トップページ | 東北ツーリング顛末記(桜吹雪を眺め、硫黄臭を嗅いで石巻方面へ) »

2017年6月 9日 (金)

東北ツーリング顛末記(裏磐梯方面を目指して走る)

本日は休日二日目です。
色々と雑務等を処理しながら、次は何処へ行こうかと考えております。
そんな所でチョット時間が経ちましたが、東北ツーリング顛末記(5/3~5/5)を書く事にします。
φ( >Д<;)

2017/5/3(水)6:00に起床…の筈が、日頃の勤務の疲れで二度寝してしまい7:00に起床した。
Σ(´Д`lll)?!
Syoubu_pa1 Syoubu_pa2






世間一般的にゴールデンウィーク中の為、アチコチの道路は混み合っていた。
相模原愛川ICから首都圏中央連絡自動車道に入ろうしたが、相模原愛川ICへ向う道が混んで進まない状態。
辛抱溜まらずグーグル様に助けを求めたら高尾ICを案内された為、高尾ICから首都圏中央連絡自動車道に入って、圏央道から東北道へ向った。
ゴールデンウィーク中の為か、事故したり故障して止まっている車を何台か見掛た為、自分も事故らない様に注意して走り、菖蒲PAで最初の休憩をした。
(;´д`)ゞ
Nasukougen_sa Tochigi_yume_pork_no_katu_curry






菖蒲PAで休憩後、圏央道から東北道に入り、腹が減ってきた為、那須高原SAで昼飯を食べる事にした。
メニューを見て「とちぎゆめポークのカツカレー」を注文して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Inawashiro Inawashiroko1






「とちぎゆめポークのカツカレー」を食べて満足した後、那須高原SAを出発。
東北道から磐越自動車道に入り、猪苗代磐梯高原ICを出て国道115号を走って「道の駅 猪苗代」で休憩した。
道の駅で磐梯山を眺めながら休憩し、今回予約した宿の場所を確認した後、時間に余裕が有ったので、猪苗代湖の遊覧船に乗って見る事にした。
「道の駅 猪苗代」を出発し、遊覧船の乗り場が在る猪苗代湖の長浜へ向かった。
ε≡(o・ω・)
Inawashiro2 Inawashiro3






バイクを猪苗代湖の湖畔に停めて、遊覧船乗場で料金(1100円)を支払って「はくちょう丸」に乗船した。
(・∀・)ニヤニヤ    (゚∈゚ )…。
Inawashiro4 Hakuchoumaru






「はくちょう丸」に乗船した後、Aコース(翁島めぐり)を航行しながら猪苗代湖周辺の風景を
「はくちょう丸」の船上から堪能した。
(・∀・)~♪
Hibarako1 Hibarako2_2






猪苗代湖の湖上遊覧を楽しんだ後、今回予約した宿「ゆ乃宿 湯流里」へ向かう事にした。
猪苗代湖から国道49号→県道7号→国道459号→県道2号を走って、まだ結構残雪が残っている桧原湖の湖畔を気分良く走った。
ε≡≡( ´∀`)
Yunoyado_yururi1 Yunoyado_yururi2






桧原湖の湖畔を気分良く走り、無事に「ゆ乃宿 湯流里」に到着した。
宿の駐車場にバイクを停めてツーリングを装備を降ろして、チェックインの手続きをする為に宿の玄関の中に入った。
Yunoyado_yururi3 Yunoyado_yururi4






宿の玄関に入って宿の女将さんに挨拶を済ませた後、自分の部屋に持ち込んで暫らくベットの上で軽く一眠りした。
⊂( ⊂(´_ゝ`)…。
Yuuhan Omake






軽く一眠りした後、宿の食堂へ移動して、生ビールを飲みながら夕飯を食べた。
(*´∀`)つt[]
夕飯を食べていたら宿の女将さんから、「バイクで来られて方には差し上げています」との事で「RISE福島の手拭い」と『ふくしま温泉・グルメ スタンプラリー2017』の台紙を貰った。
ヽ(=´▽`=)ノ
Yunoyado_yururi5 Yunoyado_yururi6






夕飯を食べた後は宿の温泉(宝来湯)に浸かって、マッタリと旅の疲れを癒した。
宿の温泉に満足し、気持ち良く眠って東北ツーリングの一日目は終了した。
( ˘ω˘)スヤァ…。

(続く)

|

« 週末の休みに備えてパンク修理 | トップページ | 東北ツーリング顛末記(桜吹雪を眺め、硫黄臭を嗅いで石巻方面へ) »

東北ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159581/65389752

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツーリング顛末記(裏磐梯方面を目指して走る):

« 週末の休みに備えてパンク修理 | トップページ | 東北ツーリング顛末記(桜吹雪を眺め、硫黄臭を嗅いで石巻方面へ) »