« 秩父・奥多摩方面ツーリング | トップページ | 寒さに負けず富士山方面へ行く »

2015年3月28日 (土)

『桜はもう咲いたか?確認ツー』に参加

本日は休日二日目。
Facebookの書き込みを見ていたら、負け犬さんの『桜はもう咲いたか?確認ツー(伊豆逆回り半日コース)』書き込みが目に入った為、参加する事にしました。
(`・ω・´)シャキーン
しかし、自宅を出発するのが遅かった事と東名高速道路が混み合っていた事で、8:00集合の中井PAに約15分遅れて到着しました。
集合場所には既に負け犬さんとアズマさんが到着していました。
≡≡(;´Д`)ハァハァ      ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
Nakai_pa1 Numadukamikanuki_ss






中井PAで今回のツーリングの道順を確認して中井PAを出発。
東名高速を走って沼津ICから出た後は、負け犬さんとアズマさんの後に付いて走り、国道414号から伊豆半島の西側へ向いました。
Hedakou1 Hedakou2






国道414号から県道17号に入り、駿河湾を挟んで富士山が良い感じに見えたので、写真でも撮ろうかと思ったら、負け犬さんとアズマさん結構な速さで走り出したので、オイラも慌てて走りましたが付いて行くのがやっとでした。
(゚∀゚ )(゚∀゚ )≡≡      Σ(゚д゚lll)≡
途中、戸田港に立ち寄って海を眺めたりしながら休憩し、更に伊豆半島を南下しました。
Koibitomisaki1 Koibitomisaki2






県道17号から国道136号に入った後も、速度を緩めず走り続けましたが、どう考えてもネタの為に立ち寄ったとしか思えない恋人岬に寄り道して、リア充な人達をチョット離れた場所から眺めました。
(・д・)ジ-
R136_1 R136_2






恋人岬を寄り道した後は、今回のツーリングの本来の目的とも言われる、弓ヶ浜の傍に在る「青木さざえ店」で昼飯を食べる事の為、国道136号を走り続けました。
伊豆半島では桜が咲いている事は確認出来ましたが、桜の写真を撮る暇が無い為、信号待ちの時に「元気な百姓達の菜の花畑」の菜の花が良い感じ咲いていたので、急いで写真を撮りました。
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)
Aoki_sazaeten Awabi_cream_fry_teisyoku






目的地の「青木さざえ店」に到着し、店内に入りオイラは「あわびクリームフライ定食」を注文して食べました。
( ゚Д゚)ウマー
Yumigahama1 Yumigahama2






「青木さざえ店」で昼食を食べ終えた後、弓ヶ浜へバイクを移動させて潮風に吹かれながら海を眺めました。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
Hakoyu1 Hakoyu2






弓ヶ浜で海を眺めた後、修善寺温泉の「筥湯(はこゆ)」へ行く事に決まり、国道136号→国道414号を走って、「筥湯」で一風呂浴びました。
(*´д`*)ハァハァ
Nakai_pa2 Ebina_sa






「筥湯」で一風呂浴びた後、新東名高速道路の長泉沼津ICへ向って、国道414号→修善寺道路→伊豆中央道を経由し走りました。
高速道路上で負け犬さんとアズマさんと別れた(圏央道で帰る為)後、渋滞に巻き込まれてしまい、中井PAと海老名SAで休憩を取りながら走って無事帰宅出来ました。
(;´ρ`) グッタリ…。
久しぶりの高速走行ツーリングだったので、普段のマッタリツーリングでは使わない筋肉を使用した為、チョット筋肉痛が有ります。

|

« 秩父・奥多摩方面ツーリング | トップページ | 寒さに負けず富士山方面へ行く »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

仲間とバイク…普段の一人旅とはちょっと違い
旅話がとてもは弾んで…桜も楽しくなります…
サンシンの協会に属することになり…蔵では本当に見て散策ぐらいに…
当分サンシンに引っ張らることでしょ、
コメント…ちゃんと散策してます…その時はコメント返しユタシク…うにげーさびら(^^)d

投稿: 櫻…d=(^o^)=b | 2015年4月 2日 (木) 午後 06時15分

仲間と同じ目的地を目指して走るのも楽しいです。
(・∀・)イイ!
コメント返しの件は了解です。

投稿: のべ吉 | 2015年4月11日 (土) 午前 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159581/61357760

この記事へのトラックバック一覧です: 『桜はもう咲いたか?確認ツー』に参加:

« 秩父・奥多摩方面ツーリング | トップページ | 寒さに負けず富士山方面へ行く »