« 東北ツーリング顛末記(津軽半島ツーリング(後編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(温泉巡って帰路に就く) »

2014年12月27日 (土)

東北ツーリング顛末記(八幡平の雪の回廊を走り、鳴子温泉郷へ)

本日は今年最後の夜勤明けの休日。
毎度の事ながら夜型から朝型に切り替えの為、自宅でゴロゴロ寝ています。
そんな所で、東北ツーリング顛末記の続きを書いて再び寝たいと思います。
(;´ρ`) グッタリ…。

東北ツーリング顛末記(津軽半島ツーリング(後編))からの続き)
2014/5/8(木)東北ツーリング三日目。
予定通りに目的を達成する事が出来た為、東京への帰還に備えて青森県から南下して宮城県の方へ移動する事にした。
(`・ω・´)シャキーン
Syoukantou2 Syoukantou3






布団から這い出た後、朝風呂に入る事にして温泉に浸かってサッパリした。
(*´∀`*)~♪
Tyousyoku1 Syoukantou4






朝風呂に浸かってサッパリした後、食堂で朝食を食べた。
( ゚Д゚)ウマー
朝食を済ませて部屋で少しマッタリした後、荷物を纏めて「正観湯温泉旅館」からチェックアウトの手続きを済ませて出発した。
Ikarigaseki1 Jinenjo_soft






宿を出発し、国道454号→国道7号(羽州街道)を南下した。
途中、「道の駅いかりがせき(津軽「関の庄」)」が目に寄り道した。
道の駅の敷地内に在る「御食事処 彩里(いろり)」に移動して「じねんじょソフト」を購入して食べた。
( ´∀`)つ§
R341 K23_1






「じねんじょソフト」を食べて満足した後、、「道の駅いかりがせき(津軽「関の庄」)」を出発。
この時期の八幡平アスピーテラインは、雪の回廊が見られるとの情報を入手していたので、国道7号→国道282号→国道341号を走って、秋田県側から県道23号(八幡平アスピーテライン)に入った。
ε=ε=( ≧▽)
K23_2 K23_3






白い雪の回廊を眺めながら良い感じにスロットルを開けて走り、八幡平アスピーテラインの岩手県側から出た。
・+.(・∀・)゜+.゜<ヒャッホウー!!
Nishine Youganryuu_misokatudon






東北自動車道の西根ICに入る前に、「道の駅にしね」に立ち寄り昼飯を食べる事にした。
「道の駅にしね」の敷地内に在る「和風レストラン」に入って、壁に貼られたメニューを見た。
『当店イチ押し』の文字が目に入った為、「溶岩流みそカツ丼」を注文して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Higashitaga_no_yu1 Higashitaga_no_yu2






「道の駅にしね」で昼食を済ませて「道の駅にしね」を出発し、西根ICから東北自動車道に入り、予約した宿が在る宮城県の鳴子温泉郷へ向った。
東北自動車道を走り、築館IC→国道4号→国道398号→国道457号を走って、鳴子温泉郷に在る旅館「東多賀の湯」に16:30頃に到着してチェックインの手続きを済ませた。
Shitomae_no_seki1 Shitomae_no_seki2






早めに宿に着いた為、大きな荷物は宿に置いて近場を探索する事にした。
宿を出てバイクで走っていたら、奥の細道の「尿前の関(しとまえのせき)」の案内が目に入った為、見学して行く事にした。
Σ( ・ω・)
Shitomae_no_seki3 Shitomae_no_seki4






バイクを「尿前の関」の入口に停めて、設置して有った「尿前の関」と『義経伝説』の説明板を読んだ。
(・д・)…。
Shitomae_no_seki5 Shitomae_no_seki6





http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=81422412&blog_id=180637
「尿前の関」内を進むと、左側に「尿前の関」の取り調べで難儀した松尾芭蕉の像と碑が建立されていた。
Shitomae_no_seki7 Shitomae_no_seki8






松尾芭蕉の像を見た後、右側の方を見ると「尿前の関」の説明と想像図が記載された説明碑が建立されていた。
一通り見学して満足した後、宿へ戻る事にした。
ε=(。・ω・)
Yuuhan2 Naruko_no_kaze






宿に戻った後、宿の広間で夕飯を食べて、メニューを見たら『地発泡酒「鳴子の風」』が目に入ったので、三種類(「高原ラガー」、「山ぶどう」、「ゆきむすび」)の味が有るとの事で「ゆきむすび」を注文して飲んだ。
(*´д`*)つ[]
Waseda_sajikiyu1 Waseda_sajikiyu2






夕飯後は自分の部屋で一休み後、宿の温泉に入った。
宿の温泉に入って温まった後、鳴子温泉に在る共同浴場にも入って見る事にした。
「東多賀の湯」から目的の共同浴場へ歩いて向うと、外観が洒落た感じの早稲田大学の学生が掘り当てた温泉「早稲田桟敷湯」に到着した。
「早稲田桟敷湯」の館内に入って見ると、館内も共同浴場と思えない感じに設計されていて良いなと思いながら、湯舟に大量に漂う湯の花を見ながら温泉に浸かり旅の疲れを癒した。
(*´д`*)~♪
「早稲田桟敷湯」の温泉に浸かって満足した後、「東多賀の湯」へ戻って東北ツーリングの三日目は無事終了。

(続く)

|

« 東北ツーリング顛末記(津軽半島ツーリング(後編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(温泉巡って帰路に就く) »

東北ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツーリング顛末記(八幡平の雪の回廊を走り、鳴子温泉郷へ):

« 東北ツーリング顛末記(津軽半島ツーリング(後編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(温泉巡って帰路に就く) »