« 沖縄ツーリング顛末記(ヤンバルで童心に返る) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(晩秋の磐梯吾妻スカイラインを走る) »

2012年11月14日 (水)

東北ツーリング顛末記(温泉と紅葉を求めて、みちのく一人旅へ)

本日は休日です。
自宅でマッタリしながら、東北ツーリング顛末記(11/4~11/9)を書きます。
φ(`・ω・´)

2012/11/4(日)6:00に起床。
久しぶりに六連休が取得出来た為、当初何処へ行こうか迷ったが、温泉と紅葉を求めて再び東北方面へ行く事に决めた。
(`・ω・´)シャキーン
Ooya_pa Sinchimachi1






前回の東北ツーリングと同じく、午前8:00に自宅を出発し、同じ道順で東北道を北上した。
途中、大谷PAで休憩した後、東北道の福島西インターから出て国道4号→国道115号を走って、前回のツーリングで行かなかった福島県の浜通りの方へ向った。 
浜通りに向った目的は、東日本震災の津波で受けた甚大な被害を実際に見ておきたいと思った為です。
Sinchimachi2 Sinchimachi3






国道115号から県道38号を走って、相馬市から新地町の海沿いの道を周囲見ながら走った。
津波で破壊された建物は幾つか残っていましたしたが、殆んど撤去されて建物の基礎が残っている状況でした。
道路や堤防等の壊れ方から見て、津波の破壊力が判りました。
Sinchimachi4 Hinomaru






太陽が沈み始めていた為、予約した宿へ行こうと思ったら、見渡す限りの荒野の中に日の丸が風に吹かれて棚引いているのが目に入った。
近くに寄って日の丸を見ると、日の丸には色々な人達の思いが寄せ書きされていた。
この日の丸を見て、オイラも微力ながら東北方面へツーリングしながら応援したいと思いました。
Fudouyuonsen1 Tutiyuonsenmachi






色々な人達の思いが詰まった日の丸を見た後、元来た道を戻って国道115号を走って、今回予約した宿、土湯温泉に在る温泉宿の「不動湯温泉」へ向った。
土湯温泉街へ到着したら、周囲は夕闇に包まれて暗くなってしまった。
案内に従って「不動湯温泉」へ向ったが外灯が無い為、林道の中で道に迷い込んで遭難しそうになった。
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ナニココ!?
Fudouyuonsen2 Yuuhan1






暗闇の中、延々と続く凸凹の砂利道を走って何とか無事に「不動湯温泉」へ到着した。
(((( ;゚д゚)))アワワワワ
バイクを『不動温泉玄関入口』のゲート傍の駐車場に停めた後、荷物を持って玄関入口ゲートを通って「不動湯温泉」の宿へ向った。
宿の中へ入ると、宿の方からチェックインの時間になってもオイラが来ないから心配されてしまった。
(;・∀・)  ヾ(^-^;)
早速、夕飯を食べる事になり予約時に選んだメイン料理の「キジ鍋」を食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Fudouyuonsen3 Fudouyuonsen4






夕飯を食べて休憩した後、宿の方から言われていた「不動湯温泉」の名物の「谷間の露天風呂」へ向かった。
Fudouyuonsen5 Fudouyuonsen6






古い木造建築の館内を歩いて、「谷間の露天風呂」へ続くチョット歪んだ階段を慎重に下った。
(゚Д゚;∬…。
Fudouyuonsen7 Fudouyuonsen8






階段を降りると更に不動沢の渓流沿いへ下る外階段を降りて、「谷間の露天風呂」へ到着した。
辺りは暗闇で判り辛いですが、凄い開放感が有って良い露天風呂なので気に入りました。
(*´∀`*)~♪
Fudouyuonsen9 Fudouyuonsen10






「谷間の露天風呂」を堪能した後は、自分の部屋へ戻りながら「不動湯温泉」の風呂をハシゴする事にした。
外階段を上がって直ぐ傍に在る「羽衣の湯」に入った。
(;´Д`A
Fudouyuonsen11 Rakuou_gyuunyuu






「羽衣の湯」に入った後は「常磐の湯」にも入ったら、体が充分に温まって良い気分になった。
(;´д`)ゞ
風呂上りに牛乳の自販機で「酪王牛乳」購入して部屋へ戻り、牛乳を飲んで気持ち良く寝てしまった。

(続く)

|

« 沖縄ツーリング顛末記(ヤンバルで童心に返る) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(晩秋の磐梯吾妻スカイラインを走る) »

東北ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツーリング顛末記(温泉と紅葉を求めて、みちのく一人旅へ):

« 沖縄ツーリング顛末記(ヤンバルで童心に返る) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(晩秋の磐梯吾妻スカイラインを走る) »