« 待ち伏せ | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(中編)) »

2012年9月19日 (水)

東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編))

本日は夜勤です。
記憶が薄れる前に東北ツーリング顛末記(9/11~9/14)を書いて寝ます。
φ(`・ω・´)

2012/9/11(火)6:00に起床。
( ・д⊂ヽ゛
運良く纏まった休みが取得出来た為、以前からバイクで走って見たいと思っていた東北方面へ出発する日。
旅の相棒のCBR600RRに荷物を積載し、エンジンを始動させ午前8:00に自宅を出た。
国道16号→国道411号をマッタリ走って、あきる野ICから圏央道へ入り、桶川北本ICまで走った後、桶川北本IC→県道12号→国道122号→白岡菖蒲IC→久喜白岡JCTから東北道へ突入した。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Hanyuu_pa Kamikawachi_sa






途中、東北道の羽生PAと上河内SAで休憩して、西那須野塩原ICを目指して走った。
ε=ε=┌( ≧▽)┘
Yunoka_shiobara Miruhyiudon_yuzumisokonnyaku






会社の同僚から「会津方面には下道で行った方が良いです!(≧∇≦)b 」と聞いていた為、西那須野塩原IC→国道400号→国道121号を走る事を決めていた。
丁度、昼飯時になっていたので、「道の駅 湯の香しおばら」に立ち寄った。
道の駅内のレストラン「農村レストラン関の里」に入って、季節限定メニューの「みるひぃうどん」と「柚子みそこんにゃく」を食べた。
( ゚Д゚)ウマー
Kiui_soft R400






「みるひぃうどん」と「柚子みそこんにゃく」を食べた後、食後のデザートは道の駅内の「風物語もみじ村」で「キウイソフトクリーム」を食べて満足し、「道の駅 湯の香しおばら」を出発して国道400号を北上した。
( ´∀`)つ§
Aidunishikaidou_tajima Hiyashi_amazake






国道400号→国道121号を気分良く走り、「道の駅 会津西街道たじま」に立ち寄った。
道の駅内の「道の駅カフェ」の方を見ると、『甘酒は夏ばてに最適で昔は夏の飲み物としてみんな飲んでたんだべさ~』との貼り紙が目に入ったので、「冷し甘酒(ノンアルコール)」を飲んだ。
o口(・∀・ ) ゴクゴク
Higashiyama_onsen Iwaburo_takahashikan1






「冷し甘酒」で栄養補給をした後、「道の駅 会津西街道たじま」を出発し、国道121号→国道118号を走って会津若松市内へ入り、予約した宿が在るへ東山温泉へ向かった。
予約した宿を探しながら温泉街を流れる湯川沿いを走って、今回宿泊する「岩風呂 高橋館」に到着した。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Iwaburo_takahashikan2 Iwaburo_takahashikan3






築75年と言われる古い館内に入って、御年を召された宿の主人に挨拶して今回泊まる部屋へ案内して頂いた。
宿の主人の話を聞くと、今回の宿泊者はオイラだけなので、好きな部屋に泊まって良いとの事。
そんな訳でオイラは、宿で一番奥の角部屋を選択した。
部屋に着替え等の荷物を置いた後、宿の主人へチョット外出する旨を伝えて外へ出た。
R49_1 Inawashiroko1






「岩風呂 高橋館」を出発し、国道49号を走って猪苗代湖を見に向った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
Inawashiroko2 R49_2






猪苗代湖の湖畔でマッタリと風景を見た後、空模様が怪しげな感じになってきた為、宿へ引き返した。
Iwaburo_takahashikan4 Iwaburo_takahashikan5






帰る途中で少し雨に降られたが無事に宿へ帰還したら、宿の主人から「館内が雨漏りしているので、宿泊料を500円割引します。バイクは玄関に入れて良いです。」と言われた。
一旦部屋に戻りタオル等を持って、迷路の様な館内を歩いて岩風呂に入った。
(*´∀`*)~♪
Iwaburo_takahashikan6 Zannenzaka






岩風呂の温泉を堪能した後、夕飯を食べる事にした。
宿の主人から温泉街に在るお勧めの食堂を幾つか教えて頂き、残念坂(説明板に因ると『温泉を楽しんだ遊浴客は、後ろ髪を引かれる思いで坂を上がって帰ったから』との事。)を上がった所に在る「お食事処 卯之家」へ行く事にした。
Unoya Hire_sauce_katudon






宿から歩いて残念坂上がり「お食事処 卯之家」の店内に入った。
会津若松でカツ丼と言えばソースカツ丼が有名なので、メニューを見て「ソースカツ丼(ヒレ)」を注文して食べた。
( ゚Д゚)ウマー
「ソースカツ丼(ヒレ)」を食べた後、残念坂を歩いて宿へ戻った。
部屋に戻ると、蚊取り線香が焚かれて布団が敷かれた状態になっていたので、湯川のせせらぎを聞きながら眠りに就いた。
⊂( ⊂( ´-ω-`).。o○

(続く)

|

« 待ち伏せ | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(中編)) »

東北ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
いやー、いい旅ですねー。
宿のご主人の心づかいがうれしい。
単独ツーリングなので自分のペースで走られるし、好きな所で止まれるので非常に気楽に行けるのがいいですねー。

投稿: トイプードル | 2012年9月19日 (水) 午後 02時11分

コメント有り難うございます。
宿は古くて廃墟に近づいていましたが、宿の主人のチョットした心遣いが嬉しかったです。
オートバイでの単独ツーリングは、気楽に走れるので良い物です。
(≧∇≦)b

投稿: のべ吉 | 2012年9月21日 (金) 午後 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編)):

« 待ち伏せ | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(中編)) »