« 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(後編)) »

2012年9月26日 (水)

東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(中編))

本日は夜勤明け。
眠い感じですが、東北ツーリング顛末記の続きを書く事にします。
(=-ω-)…zzZZ

東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編))からの続き)
2012/9/12(水)福島県に来て二日目。
川のせせらぎの音で、7:00頃に目が覚めた。
( ・д⊂ヽ゛
今回の会津磐梯方面ツーリングの目的は、福島県の観光有料道路(磐梯山ゴールドライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯吾妻スカイライン)が無料開放されている為、これらの道路を走る事。
(`・ω・´)シャキーン
Iwaburo_takahashikan7 Iwaburo_takahashikan8






ツーリングに出掛ける前に朝風呂に入って行く事にした。
迷路の様な館内を歩いて岩風呂へ向かうと、廊下の暗がりから宿の看板猫?が現れて「ニャァ~」と挨拶してくれた。
看板猫?と別れた後、朝風呂にノンビリと浸かってサッパリした。
(*´Д`A
Bandai K64






朝風呂に入ってサッパリした後、宿を出発し、県道325号→県道64号→国道49号を走った。
途中「道の駅ばんだい」に立ち寄って地図を見ながら休憩し、県道64号→磐梯山ゴールドラインへ向った。
ε=ε=┌( ≧▽)┘
Bandaisan_goldline1 Bandaisan_goldline2






磐梯山ゴールドラインへ来たら結構な霧が発生し、用心深く走って猪苗代湖と磐梯山を望める山湖台へ来たが、真っ白な霧で残念ながら風景は見る事が出来なかった。
(`Д´≡`Д´)??
Bandaisan_goldline3 Bandaisan_goldline4






霧の中を暫らく走ると、霧は消えて青空が見えてきた。
更に先へ進むと、『幻の滝案内図』の説明板が目に入った為、幻の滝を見に行く事にした。
Σ( ・ω・)
Bandaisan_goldline5 Maboroshi_no_taki






バイクを駐車場に停めて歩いて、幻の滝を目指した。
『熊に注意』の文字にチョットビビリながら山道を歩いて、幻の滝を眺めた。
(;・∀・)…。
Bandaisan_goldline6 R459






幻の滝を見物した後、磐梯山ゴールドラインを走り、桧原湖の湖畔に辿り着いた。
道路脇に有った案内板を見て、五色沼を見物して行く事にした。
Goshikinuma1 Bisyamonnuma






バイクを駐車場に停めて近くに設置して有った説明板を見ると、五色沼の正式呼称は『五色沼湖沼群』と言うとの事。
全部の沼を見るには結構な距離を歩く為、今回は毘沙門沼のみ見物した。
( ・∀・)~♪
Bandazuma_lakeline1 Nakatugawakeikoku_rest_house






毘沙門沼を見物した後、磐梯吾妻レークラインへ入った。
磐梯吾妻レークラインを気分良く走っていたら、腹が減ったので磐梯吾妻レークラインの中間点に在る「中津川渓谷レストハウス」に立ち寄った。
Hiyashi_tantanmen Bandazuma_skyline0






店内に入ってメニューを見ると、『<夏季限定・冷たい麺類>激辛!』の「冷し坦坦麺(冷麺風)」の文字が目に入った為、食券を購入した。
「冷し坦坦麺(冷麺風)」は麺は米粉を使用している為、モチモチした食感で美味かったです。
( ゚Д゚)ウマー
「冷し坦坦麺(冷麺風)」で腹を満たした後、「中津川渓谷レストハウス」を出発。
磐梯吾妻レークラインから次は、磐梯吾妻スカイラインへ目指して走った。
ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

(続く)

|

« 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(後編)) »

東北ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(中編)):

« 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(前編)) | トップページ | 東北ツーリング顛末記(会津磐梯方面へ行く(後編)) »