« 久遠寺の枝垂れ桜を見に行く | トップページ | 沖縄ツーリング顛末記(帰り道で色々洗われる) »

2012年4月14日 (土)

沖縄ツーリング顛末記(大石林山を歩く)

本日は夜勤初日。
一眠りする前に、沖縄ツーリング顛末記の続きを書く事にします。

沖縄ツーリング顛末記(ヤンバル方面へ行く)からの続き)
券売所で貰ったリーフレットを見ると、「大石林山」は約二億年前の石灰岩が長い年月をかけて雨水等により侵食して出来た世界最北端の熱帯カルスト地形で、4つの散策コース(美ら海展望台コース〔700m・約30分〕、亜熱帯自然林コース〔1000m・約30分〕、巨岩・石林感動コース〔1000m・約35分〕、バリアフリーコース〔600m・約20分〕)が有るとの事。
Sekirinzan1 Sekirinzan2






リーフレットに記載された『大石林山コースマップ』とコースに設置された案内に従って、大石林山の散策を始めた。
(`・ω・´)シャキーン
Sekirinzan3 Sekirinzan4






スタート地点の「精気小屋」を出発し、先ずは『バリアフリーコース』→『美ら海展望台コース』を案内に従ってコースを歩いた。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
Sekirinzan5 Kiseki_no_mon






汗を掻きながら緩やかに続く坂道を上がりながら、「奇石の門」等の様々な形の奇岩を眺めながら歩いた。
(;´д`)ゞ
Sekirin_no_kabe1 Sekirin_no_kabe2






黙々とコースに従って歩くと「石林の壁」に到着した。
設置されていた説明板を読むと、「大石林山」のパワースポットとの事。
とりあえず癒されたい為、籠に入った「カルサイト(方解石)」を触れておきました。
▲ヽ(`д´;) !?
Sekirinzan6 Sekirinzan7






「石林の壁」から更に歩くと展望台に到着。
「美ら海展望台コース」と言われるだけあって、辺戸岬方面が良く見えました。
( ・∀・)イイ!
Sekirinzan8 Sotetu_gunraku






展望台で海を眺めた後、『亜熱帯自然林コース』の方へ向って歩くと「ソテツの群落」が見えて来た。
リーフレットを見ると、「ソテツの群落」は六万本の大小のソテツが岩の間から生えており、ワシントン条約により付属Ⅱ種に指定されているとの事です。
Sekirinzan9 Sekirinzan10






『美ら海展望台コース』を一旦出て一休みして、体力的に余裕が有ったので『バリアフリーコース』→『亜熱帯自然林コース』へ向った(体力に余裕が無い場合は、シャトルバスに乗って券売所へ帰る事も可能です)。
(;´Д`A
Kinobori_tokage Hamasendanugan_gajumaru






『亜熱帯自然林コース』は亜熱帯の森を歩くコースで、「キノボリトカゲ」、「御願ガジュマル」や「ハマセンダン」等を見ながら歩いた。
(;・д・)ジー
Ugan_gajumaru Agarime






ガジュマル等の木々の間に、古い時代の石垣や謎の石積み「アガリメー」等の遺跡が在りました。
Σ(;・ω・) !?
Sekirinzan11 Sekirinzan12






亜熱帯の森の中を汗びっしょりになって、『亜熱帯自然林コース』を歩き抜いた。
次回「大石林山」へ来る時は、『巨岩・石林感動コース』を見物しようと思いながらバイクを停めた駐車場へ戻り、那覇方面へ向って走った。
~(;´Д`)

(続く)

|

« 久遠寺の枝垂れ桜を見に行く | トップページ | 沖縄ツーリング顛末記(帰り道で色々洗われる) »

沖縄ツーリング顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄ツーリング顛末記(大石林山を歩く):

« 久遠寺の枝垂れ桜を見に行く | トップページ | 沖縄ツーリング顛末記(帰り道で色々洗われる) »